D40

2017年02月27日

お伊勢参り。

DSC_7716



行こうと思ってもなかなかチャンスがなく、
無理せず自然とチャンスを待とうと思うと、
成り行きで行くことになり。


何か変わるため、ではなく、
今までどうしたって機会がなかったのに、
行く流れになること自体、
なにかがもう変わっているのだと思う。

だからなんだか特別なお願い事をする気にならず、
いずれも「ようやく来られました。ありがとうございます。」と
ご挨拶するばかり。


華美な装飾や色彩の一切ない、シンプルな社殿。

それも、正面からはほとんど見ることができず、
ただただ静かにそこにあるだけ。



私といえば、思えば正月太りを解消できておらず、
とどめの伊勢うどんでただただ肥えてゆくばかり。

でもおかげで、今年はまだ風邪をひいていないし、
息の調子もすこぶるよろしい。



これもまた春までは、なりゆきにまかせておこうと思う(←いいわけ)


DSC_7725


DSC_7729


DSC_7733


DSC_7730


DSC_7732


vivo_in_ciel at 21:19|PermalinkComments(0)mixiチェック

2016年11月18日

気づき。


先日のスーパームーン。

DSC_7614


トリミング。

supermoon2016

こうしてみると特に明るいとか大きいとかわからなくなってしまうのですが、
手持ち撮影でブレずに1/640秒でシャッター切れたのだから、
やはり明るいんだろうな。


どうも最近はiPhoneのカメラやアプリで事足りてしまうのだけど、
結局のところ、手軽さと、それによる素敵写真が日常にあふれて、
ああ、撮りたいな、と思う、ココロの感度が鈍っているんだろうな、と思います。

写真に限らず、
なんとなく感動の足りない毎日のようにも思うし、
でも一方で、どうも涙もろくて歳だなーとも思うし、
身体にしても、アタマにしても、そしてココロと、
若さを保つこと、歳相応であること、
なんだかバランスをとるのが難しい年頃でございます。


さて、そんなわけで先日は、パーティでの余興、というか
もはや立派なオペレッタ1本上演したような機会がありまして、
オッフェンバックのオペレッタ『天国と地獄』から「ハエの二重唱」という曲を
披露させていただきました。


こんなの。




まあ、ここまでやりませんけどね(^^;

笑いを取るのは慣れて?るんですが、
後半、細かい音をたくさん「転がす」ような歌を、
自分は苦手だと思ってしばらく歌ってこなくて、
今回この曲を指定していただいたとき、
ちょっと怯んだんですね。

まあでも、あくまでお身内の会、ということで、
ご愛嬌で許してもらおうと思って、
たまには試練もいい機会だろう、と、取り組んでみたところ、
ベストではなかったけど、でも、あ、歌えそう、っていう
光明が見えたんですね、


で、同じことを、サンドリヨンでも思っていて、
いや、こちらはご愛嬌ってわけにいかないのですが、
こちらも、最初、自分にとっては難しい音楽だと悩んでいたのだけど、
客観的に考えたりしてアプローチしていくうちに、
いや、むしろ自分の声に合っているし、
合わないと思い込んでいることのほうが、
間違っていたのだと、気づかされて、

「ハエの二重唱」と「サンドリヨン」、
どちらも自分で選んだわけではなく、
いただいたご縁なのだけど、
わたしの声は、こういうのは合うけど、これは合わない、なんて、
可能性を狭めてるバアイじゃないんだ、と
何か意志というか、お導きを感じずにはおれません。
ありがたやありがたや。


IMG_20160921_0002
IMG_20160921_0003



vivo_in_ciel at 13:17|PermalinkComments(0)mixiチェック

2016年04月25日

和太刀おわり。


そういうわけで、公演終わったのでネタバレ。

今回は撮影をする予定じゃなくて、
一応カメラ持っていくけど撮れたら撮ろうかな、て感じでした。
とにかく狭いと聞いていたので、一番広角なレンズひとつ持っていきました。
なんとなく雰囲気でモノクロで撮ったんだけど、
こうして並べると見づらいですね・・・
顔のアップ撮るにはズームも持っていけばよかったな。

それぞれ写真をクリックするともうちょっと大きく表示されますので・・・・


客席30という空間での殺陣は、
とても不便に思えるけども、
昔の日本家屋はこんな感じで狭くて天井が低くて、
この中で斬りあってきたのだから、
むしろ本来の状態なのかもなー。
暴れん坊将軍も、桃太郎侍も、みんなこんなとこで日々戦ってるわけですね。

DSC_7484

DSC_7525

DSC_7554

DSC_7593

DSC_7562

DSC_7596

DSC_7602



せんせーの肩の引きがすごい。

DSC_7560

これとか。なのにはだけてない襟とかほんとすごい。

DSC_7553


この左手とか、仏像のように美しい。

DSC_7578



ゲネだったけども観られてよかったな。




fab655bb.jpg


で、和太刀のブログから拾ってきた、ゲネの一枚。
最近どの現場行っても、over40には見えないですとかいう
社交辞令を真に受けているんだけど、
この人たち見てると、いやいやいやいや、って思う、
そんな同い年3人。
歌い手もたいがい年齢不詳だけど、
女優さんには敵いません(^^




さてと、明日はちょっと検査。
なんかあるわけじゃなくて健康診断的に。
日々アルコール漬けなので、麻酔に耐性ついてないかが心配(笑






vivo_in_ciel at 21:22|PermalinkComments(0)mixiチェック

2014年03月31日

西へ・・・



そういうわけで、花見がてら西へ。


車内食を我慢して中之島ビーフサンドに駆けつけるも
敢えなく売り切れでやる気ゼロに。
事前リサーチによる桜ポイントも、見ごろにはちょっと早かったりで、
なかなかうまくはいかないのだけど、
なんてことはない普通に駅周辺で思いのほか楽しめたり、
とにかく、行くたびにできるだけ初めてのエリアに行くとか、
乗ったことのない路線を使おうとか、
そういう楽しみ方を決めてるので大丈夫。

定番装備D40+18-200mmなんだけど、
なんかいいかんじ。

DSC_6780DSC_6783





DSC_6788DSC_6785



社長(甥)たちと合流してからは、
餃子食べて、ちょうどICカード紛失してしまったので、
まさかのICOCAをゲットしたり、社長(甥)の大好きなN700系の新車両、
N700Aに遭遇したり(乗車はまだ)全力で伯母業務に燃えつきました。
世のお母さんたちはこれが休憩なしエンドレスなんだよね。
本当に頭が下がります。。。
ちなみに帰りの新大阪でも中之島ビーフサンドに振られました。。


9e16ddef.png


私、お友達のとこのお子さんでも、これはイクナイよね、って言うほうなので、
少しずつ甥っこにも姪っこにも嫌われていかなきゃならない局面も増えてきて、
寂しいような、こうやって私も擬似成長するのだわ、とか思いながら。


いろいろ作業とか連絡関係も詰まってきているので、
春休みモードと並行しながら頑張ります。






vivo_in_ciel at 21:38|PermalinkComments(0)mixiチェック

2013年02月08日

息づく。




駅までの道のりに、遊歩道があるのですが、
いつまでも寒い寒いと文句ばかりの私をたしなめるように、
春はそっと準備を始めていました。


花も葉も、色もなくして、なんなら枯れちゃったんじゃないかと思うような、
細い枝の節々に、季節はめぐるんだ、命は続いていくんだ、と
力強く背中を押されたような気持ちです。


慌ててカメラを取りに家に戻りました。

最近、ほとんどiPhoneのカメラで済ませてたから、
デジイチにゴメンゴメンと謝りながら。


普段はまったく興味がないんだけど、
さすがに今日ばかりは、マクロレンズほしーなーと思いました。



いやしかし、

いつでもいいぜ!来いよ、春!!



DSC_6468

DSC_6465

DSC_6464

DSC_6463

DSC_6460

DSC_6455

DSC_6452

DSC_6451

DSC_6450

DSC_6446

DSC_6445

DSC_6444

DSC_6440

DSC_6438

DSC_6436

DSC_6435


vivo_in_ciel at 18:56|PermalinkComments(0)mixiチェック

2011年08月29日

隅田川花火大会~打ち上げ開始~


さて。

いよいよ花火大会開始です。


震災の影響で開催自体が危ぶまれたものの、
一ヶ月遅れでの決行となりました。

前日まではっきりしないお天気にやきもきしたけど、
暑すぎず寒すぎず、夏の終わりのよい夜になりました。


DSC_2947DSC_2950DSC_2957

ここ数年、友人のマンションからのんびり観させてもらってます。

花火の写真はムズカシイね。

シャッタースピード上げると火花が点々になるし、
下げると花火っていうかなんか爆発してるだけになるし。



DSC_2961DSC_3001DSC_3003



1ヶ月ズレたことで気づいたのは、
いつもは打ち上げ開始(19時くらい)の頃って、
まだちょっとだけ空が明るい印象なんだけど、
今年は1発目から空がまっくらで、

あー・・・陽が短くなってるんだ!って実感したこと。




7月の花火は「これから夏だぜ!」ってわくわくするんだけど、
8月の花火は「ありがとう、そしてサヨナラ・・・夏」
っていう気分になってちょっとセンチメンタル。




今年はちゃんと「夏!」したなあ。

大塚の阿波踊りを見逃したのが悔やまれるけど、
なんといっても本家総本山に行ったんだもんね。

満足満足。




さてと、
来週はガランリンさんとのライブ第3弾いよいよ最終章!です。

思えば6月、7月、そして今回と、50曲くらいピアノ弾いてます。
やっただけの成長はあるし、でもまだまだ納得はいかないし、
もう2度とやりたくないような(笑)でもこんなとこで終わりたくないような。

あと7日、まだまだあがきますんで、
お時間ありましたらお立ち寄りいただけたら嬉しいです。


オリジナルカクテル、Lin と Sumiko もお楽しみに。
そして今回はさらに・・・???


Lin's Bar  musical100%!! vol.3
9月6日(火)18:00open/19:00start 2,800yen@絵空箱(江戸川橋)



vivo_in_ciel at 18:21|PermalinkComments(0)mixiチェック

隅田川花火大会~序章~




さーて。夏イベントもいよいよ終盤戦。
ここ数年恒例となりました、隅田川花火大会を観るの会です。


今年は早い時間から浅草入りをして、
一人散策をしてきました。


レツゴー。


スカイツリー三様。


去年の今頃はまだあたまのほうが不完全だったんだよなあ・・

32f0d3de.jpgb472e130.jpgDSC_2937



おばあちゃんの匂い(なんか懐かしいかんじ)のする路地を抜けて・・・

DSC_2933

カウンターでモツ煮とハイボール(ただし一人)でもいっとく?
と思ったのだけど、
中途半端な理性がそれを阻止。
来年あたりはできちゃいそうな気がする・・・



芸事の神様にごあいさつして

DSC_2939


パントマイマーさんをながめて

9452de12.jpgDSC_2935


ようやく生ビールと玉こんにゃくをゲット。

0a0a8534.jpg


三味線の聴ける料亭(だそうです

c2181364.jpg


手拭いやさん(ビール持ってたので入らず

f05b6c6e.jpg


年に何回かは浅草を訪れて、
平日でもいつも賑わっているけれど、
祭りの前の喧騒は格別。
血が騒ぐぜぃ。


そして、
若い子たちのかわいらしい浴衣姿もいいけど、
江戸の姐さんたちが時にビシっと、
そして時には若々しい装いをさらりと着こなしているのもよいです。




さて、そろそろ花火観覧会場(友人のマンション)へ移動しますよ。

106fd667.jpg



つづく。





vivo_in_ciel at 17:43|PermalinkComments(0)mixiチェック

2011年08月19日

なつ。~大阪編~

センチメンタル徳島をあとにして、大阪へ移動。
これまた高速バスにて。

いや、東京ー徳島、飛行機でも電車でも行けるんだけど、
乗り継ぎとか、空港から市内移動のことを考えると、
バスが一番便利のような気がする。

徳島ー大阪も、電車で高松、岡山を経由するなら、
バスで寝てれば着くほうが結果ラクかも。


で。

以前から一度泊まってみたかったホテルが、
少し安く取れたので、いざ!


こんなお部屋に住みたい。そんな内装の。
fd5045ff.jpg


ユニットバスもこだわりの。
アメニティとかリネンの揃えられたラック?カート?が気に入りました。

ああ。。でもこうして写真で見ると、病院ぽいな。注射用具揃ってそう。
9444fd5d.jpg


さて、問題は、
なんとお部屋からバスルームが丸見えです。
うん、まあそれはオシャレということでよしとしよう。
だけどね、目隠しカーテンがちゃんとあるんだけど、
カーテン、ベッドルーム側についてるわけよ。

てことはさ、

のぞかないでね!ってカーテン閉めても、
こちら開け放題ですけど。
もう!やめてよう!みたいな妄想も、
一人旅には無用の心配なわけですが。



72b53509.jpg


夜の大阪へ一人繰り出します。
74a31322.jpg


北新地です。
もちろんここはVシネ気分で通り抜けただけ。



繰り出す、といっても、アテやいきつけがあるでなし、
ネギ焼きのやまもとに果敢に挑むも、行列に挫折。
twitterで「行列がなんだ!せっかくなんだから並べ!」と言われるも、
40近くのオナゴが一人、若者、カップルに紛れてネギ焼きに並ぶの図、

それはやっぱホラーです。



で、結果、「大阪王将」に行ってきました。
「餃子の王将」しか知らなかった私、初体験です。


そうそう。
東京の私が大阪で「大阪王将」食べてるころ、
徳島の先輩が東京で「餃子の王将」食べてたそうです。
いいでしょ。こういうシンクロ。




大阪はヒトが多いね。
東京も似たようなもんなのかな。慣れちゃっただけで。



さーてっと。


いよいよ夏休みモードもおしまいにしなくては。
2011年をどう終わらせていくか。
大事な時期。



vivo_in_ciel at 11:32|PermalinkComments(0)mixiチェック

なつ。~徳島編~



ひーさーしーぶーりー!!!!!!の旅行に。



先日の飲み会の勢いで、本当に急に徳島まで阿波踊りを見に行くことに。
いや、祭りというのは、観にいくというより、体感しに行くものですね。


18のとき、初めて訪れた地に、19年ぶりに帰ってきました・・・・・(戦慄
てことは、次回は還暦のお祝いか・・・な。


あの時も学生の貧乏旅行、みんなで青春18きっぷで夜行列車に乗り、
さらに電車とフェリーを乗り継いで行きました。
今回は夜行バス。淡路のサービスエリアで朝を迎えます。
c511f3ea.jpg


現地について、先に入った友人と、引率してくださる先輩と合流。
先輩は徳島観光大使みたいなものなので、
すべておまかせしておけばよいのです。

DSC_2840


踊り最終日です。
祭りは祈りです。いのちです。

DSC_2872



眉山です。
658902e7.jpg


ラジオ体操の像。目下一番のナゾ。
cf86ca9a.jpg



先日も書いたけど、今は地元徳島でご活躍の先輩は、
当時、みんなのお兄ちゃんで、お父さんで、いっそお母さんで、
飲んで帰れなくなったらみんなで先輩の下宿に泊まったし、
ポストに鍵が入っていて、先輩がいないときにも誰かしら上がりこむし、
カノジョに振られたり、人生に迷うとき、ただ黙って部屋を訪れるヒトがいたし、
その場所が「下宿」から「地元徳島」に移った今も、
やっぱりみんなが先輩に会いたがって、
私たちなんかついにこうして夜行バスで会いに来てしまって、
そしてやっぱりあの頃のように、ホントに来たのかよ!みたいな顔しながら、
最後まで不自由のないように関わってくれて、
なんかもうみんな、


単身赴任のお父さんに久しぶりに会った子供たち


みたいに、

あのね!あのね!おとうさん!!
ずるい!わたしがさき!
わたしのおはなしもきいて!


てなかんじで、ずーっとくっついてたなあ。



(こう見えて)ずーっと女子校育ちの私には、
この頃出会った先輩たちがほぼ初めての年上の男性で、
なんていうか、もう、全員に恋してました(笑
今でもみんな大切な男性たちだけど、
19年ぶりの土地っていうのはこれまた格別のシチュエーションで。



そういえば、わたし、一人暮らしする時、
先輩の部屋みたいにするのが目標だったなあ。
みんながうちの場所を知っていて、いつでも寄ってもらって、
男女問わず寝泊りしてもらって、
勝手に冷蔵庫あけてもらって、
テキトーに休んで、元気になって帰ってもらうの。

をっし。
またホームパーティとかしよう。

以前は実際男子も女子も雑魚寝してもらったりしたけど、
まあいいアラフォーだしね、せめて隣の部屋で寝てね、って感じで、
もっと広いところに引っ越せるようにならなきゃなあ。



あの頃と変わらないものとか、自分とか、
でも確実に遠くなったものもあったりするし、
すごく楽しくて、でもちょっとだけ、寂しい・・・とも違うけど、
甘酸っぱーい気持ちの徳島。


なんだろなー。


夏休みってすごく楽しいんだけど、
必ず終わる日がくる、ってかんじかなー。


まあでも。


また来るよ!って笑顔でさよなら!





vivo_in_ciel at 11:31|PermalinkComments(4)mixiチェック

2011年07月15日

しゃしん。


これはデジタル一眼で撮ったやつ。
短焦点の明るいレンズ。
個人的にはこういうのが醍醐味でカメラ持ってるんですが。



DSC_2808



が。




ほい。

iPhoneのカメラ。

とりあえず撮ってこれ。

5e04feb9.jpg



ちょっとアプリで加工すればこの通り。

3349593f.jpg



そりゃさ、本格的に撮ってちゃんと加工するとなったら
やっぱり一眼なんだろうけど、
撮る、加工する、アップする、その一連が、
端末ひとつで済んで、何より早い。
そりゃついiPhoneがメインカメラになっちゃうよね。

特に手軽にアップできるっていうのが大きいなあ。



とはいえ「ファインダーを覗く」という動作が好きなので、
やっぱりちゃんとカメラも使いたいのだけど。



私は風景とか物を撮るのはあんまりうまくないし、
ほかも上手いわけじゃないけど、基本的に人を撮りたいので、
イベントとか稽古場とか本番とか、
そういうの撮らせてもらいたいんだよなー・・・


自分が関わってるイベントは遠慮なく撮るけど、
どうしても撮れない時間が生じるから(自分の出番とか)
ヒトサマの現場行けるようになりたいんだけどなー


でもなー。
わたし、撮りっぱなしだからな。
未だRAWで撮ったことないし。。。。

そんなかんじで、カメラマン入れるほどじゃないけど、
素人でいいからスナップ的に写真残してもいいな、
という現場なんかで声かけてもらえるようになったらいいなー





vivo_in_ciel at 23:12|PermalinkComments(2)mixiチェック