あさっては・・・愛を配る家。

2018年04月29日

同期!


ゆめりあホール終了

今回の企画は、メゾの中川裕子さんに声をかけていただき、
若い人たちのコンサートに混ぜてもらうことになったわけですが、
中心となってひっぱってくれたバスの小田桐くん、
そしてスペシャルゲストにして私のさくらんぼの二重唱の相方を務めてくれた
売れっ子テノール所谷くん、両名は育成部の同期であります。
所谷くんにいたっては大学も同期。
日本のオペラ界の最前線で活躍するお二人です。
たまたまとはいえ、ようやく同期と肩を並べて共演することができて、
それがとても嬉しかったです。
なんか17期でコンサートとかできたらいいなあ。


8aa7b83e.jpg


終演後はロビーに出てお客様をお見送りしたのですが、
自分のお客様はもちろん、
見ず知らずのお客様から直接お声をかけていただけるのは
幸せなことです。


ありがたいことに「涙が出た」と言ってくださる方もおられました。


自分の演奏がそのような形で響いたのなら大変光栄なことですが、
でも私だけがスバラシイのではなくて、
元々の曲が持つ力、共演してくれる方々の支え、
そして、涙したり喜んでくださるお客様ご自身の、
心の柔らかさによるものだと思っています。

私の演奏は、その背中をちょっと押すだけ。
涙スイッチを、ほんの少し押しただけです。

ありがとうございました。


んで。

出演者集合写真、
打ち上げビールが恋しすぎてとっとと着替えてしまった
年寄り三人衆だけ私服にて
決してケルビーノやったわけでも、実は受付だったわけでもありません。

9ab628b6.jpg


概ね成功といっていいかと思いますが、ベストとは言えません。
プッチーニは難しい。身体がついていかないというか。
そう簡単にモノにできるものではないですね。
またいつか、ステージで歌えますように。


さてと、連休はちょっと遊んで、
また譜読みと暗譜です。

がんばります。




vivo_in_ciel at 11:41│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
あさっては・・・愛を配る家。