内視鏡!外脛骨。経過。

2013年02月26日

有痛性外脛骨


ハイ、またエラく大仰なタイトルでたー。


病院めぐり強化月間最終章として、整形外科行ってきました。



外脛骨(がいけいこつ)というのは、足のくるぶしのあたりに無意味に突起する骨のことで、
それ自体はまったく害はないのですが、
炎症を起こしたり、周辺の骨だとか腱を引っ張るような状態になって痛みを伴うことがあります。

その状態を「有痛性外脛骨」と言うらしいです。


で、
私の外脛骨は右脚に小学生の頃からあって、
痛みがなければ放っておけばよいのですが、
日頃運動もしないで筋肉が衰えまくっているところに、
ハイヒールで荷物持ってガシガシ歩いたりしたせいか、
痛むことが増えて、しかも治りにくくなりまして。



じゃあヒールやめろよ!とお思いかと思いますが、
フラットシューズで過ごしてもあんまり軽減しないんですよねー。
なんていうか、足裏のアーチが弱いのか、フラットなほうが、
べたーっとアーチが落ちて、かえって外脛骨周辺にチカラがかかるような。


そんなこんなで、だましだましも限界を超えまして、
ほぐしたほうがいいのか、固定したほうがいいのか、
使ったほうがいいのか、かばったほうがいいのか、
なんだかよく分らないので、いよいよ病院へ行くことにしました。



結果として、自分でネットで調べたのとほぼ同じ説明、対処法となったわけですが、
ちゃんとレントゲン撮って、自分の足がどうなっているか把握するのはいいことです。
偏平足だと思っていたら「そうでもない」ということも解ったし。
見よう見まねの運動やマッサージも、私の症状にはあんまり効果がないこととか(笑


意外なところでは、昔から靴の外側が減る傾向だったので、
インサイドに重心を意識するようにしていたのだけど、むしろ意識し過ぎみたい!
帰ってきてから靴を確認したら、驚いたことに、外側が減ってるのと、
内側が減っているのとそれぞれあって、わからないもんだなーと。


そう思ってみると、右をかばおうとして、すごく左脚に重心が寄ってる気がする。
上下のゆがみもありそうだし、あー、次は整体かなー(^^;



表面的なこと(お顔とかお腹とか)では、
年々身体が重力に負けてきてるのは知ってるんだけど
胃とか腸(を支える腹膜)もゆるんできてるんだと思います・・・
そしてすべての体重がこの外脛骨にかかってるような気すらしてきました。


とにかく。


まずは右脚のサポート用インソールを作ることになりました。

これでまずは痛みを治して、その頃にはあったかくなってくるだろうから、
少しマジメに身体をほぐしたいと思います・・・あんまり激しくなさげな運動で・・・



待て続報。




vivo_in_ciel at 12:01│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by askel   2013年02月27日 14:54
有痛性外脛骨の改善に片方だけのインソールの利用は股関節に不自然な捻れの圧迫を受けます。
http://www.askel.jp/improved/gaikeikotsu.html
参考になるかどうか、このWEBを参考にしてみて下さい。
痛みが引かない場合(通常は1週間、成人で2週間程度は掛かります)には足に掛かる体重のバランスの改善が出来ていないケースが多い様です。

たまたま貴方のブログに出会いましたので、老婆心ながら書き込みさせていただきました。
2. Posted by sumiko   2013年02月27日 17:54
ご忠告ありがとうございました。
片足だけ作ると言われたわけではないので、大丈夫だと思います。
まず炎症を抑えて、全身トータルで改善していくつもりです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
内視鏡!外脛骨。経過。