2011年03月16日

おばけの正体。

東京女子のみなさん、疲弊していませんか。

私は・・・ちょっとしてるかもしれません。



もともと東京のふつーの人は、
災害意識を持っているようでぼんやりしていることが多いし、
情報だけは大量に入ってくるので、
津波が来なくても情報の波に飲まれます。

昨日も書いたけど、夜ひとりで過ごしているととても不安です。

テレビ、ラジオ、Twitter、インターネット、
あらゆる窓口から情報を浴び続けています。


電源切ればいいことです。
関係ない映画見たり、音楽かけたりすればいいことです。


でも、
そうして情報から離れているときに何か起こったらどうしよう、
そう思うと、怖いのに目が離せない、
それは心霊特集を見ている時に似ています。


不安です。霊やおばけは怖いです。


なぜおばけは怖いのでしょう。
それは、それが日常にないもの、何だかわからないもの、だからです。
それじゃあ、そういうときはお化けの正体を明かしてみましょう。


怖い!

何が怖いのかを考えます。



地震で怖いのは、怖いと思っていることは具体的には何?


何かが倒れてくるのが怖かったら、
倒れないように工夫します。

食べ物が足りなくなるのが怖かったら、
少しだけ補充してみます。

突然死んでしまうことが怖かったら、
恥ずかしい写真とか、見られたくない日記を整理します。

それでも怖いときは、それは独りだ、というそのものが悲しいので、
誰かに電話をします。


そうやって、少しずつお化けの正体を
明かしていけばいいんじゃないかと思います。
怖い気持ちは消せないかもしれないけど、
怖さの形がわかれば、きっと少しだけ頑張れると思います。


私の不安は、おばけに名前をつけて形付けるのに失敗しているか、
名前がわかっているのにちゃんと対処していないからだと思います。
例えば、最初の地震のとき、ガラスものが落ちて割れたのが怖かったのに、
ぱっと目につく瓶なんかは床に降ろしたけれど、
戸棚の扉や、本棚の固定はまだしていません。

そう、わたしのおばけの名前は自分自身の対策不足です。

おばけを退治したかったら、
徹底的に対策しろっていう話です。


でも、退治できるおばけを退治しつくしても、
マンションが壊れたらどうしよう、電車の中に閉じ込められたらどうしよう、
ホウシャノウは大丈夫なんだろうか、
おばけは後からあとから沸いてきます。

そうやって私と同じように、
独り暮らしで、ちょびっとフリーの女性たちが
みんな少なからず疲弊してきているように思います。

そういう友人たちの不安に、
少しでも名前をつけてあげて、
一緒にがんばりたいと思います。


ところで男性陣!


周囲でもちらほら
「余震に気づきもしないで寝てた」
というのを聞きますが、うらやましい限りです!!
それは頼もしくて何よりなのですが、
そのたくましい精神を、いつもよりちょっとだけまわりの女性に配ってあげてください。

普段あんまり「だいじょぶ?」なんてメールしない人こそ、
なんか一言声をかけてあげてください。
「やっほー」とかでいいので。


気配りは女性のほうが上手かもしれないけど、
一人暮らしの女性は、いま、みんな不安をひとりで抱えています。
昼間は仕事したりして頑張っているけど、
地震が蓄積したエネルギーであるように、
小さな不安の積み重なりが心をギシギシ追い詰めていきます。


親に電話したり、女友達のネットワークも心強いけど、
でも、こういう非常事態で女性のココロを勇気付けてあげられるのは、
やっぱり男のひとだと思うのです。そうであって欲しいと思うのです。

メールでも。
電話でも。


妻や恋人じゃない女の子に、
友達や、仕事仲間でも、
そういや、あいつ一人暮らしだったな、と思ったら、
なんとなく思い出してあげてください。
とくにちょっと大きめの地震のときなんかは特に。


そうすれば、女子の周りのおばけは、
自然と消えていくと思います。



さーてっと。
晩酌晩酌。







vivo_in_ciel at 17:59│Comments(2)mixiチェック

この記事へのコメント

1. Posted by 沢庵和尚   2011年03月16日 21:27
5

姐さんは大丈夫かい?(笑)
2. Posted by sumiko   2011年03月17日 17:14
ありがとうございます!

こうして早速気遣ってくださるかたもいます。
メールくれた友人もいます。
だいじょうぶ。

余震自体はちょっと落ち着いてきました。
でも何事も、こういう油断する頃が一番危ない。

今日はこれからでかけてきます。

カッコつけてるわけでも、無謀なわけでもなく、
ぶっちゃけ出かけちゃうのが一番の節電だと思うからです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字