2011年03月15日

その時、わたし。

3月11日(金)14:46

前の日ちょっと飲みすぎまして(爆
仕事に出かける前に昼寝をしとりました。
あと10分で目覚ましが鳴るという時間に地震が起きました。


ゆらゆらゆらー  あー、地震かー、
ぐらぐらぐらー  お。強いけどおさまって・・・・・
いかないのかーい!


と、
一人ベッドの中で心の中で叫んでいました。


玄関のほうで、ガラスが割れる音がしてるけど、
そんなのあとあと!

窓、鍵あいてる。
ガス、使ってない。
両親は今日は仕事で一緒にいる日、大丈夫。
ベッドにいれば物は落ちてこないから安全。
小さな揺れから始まってるから、直下型じゃないはず。
横揺れっていうか、ぐわんぐわん回ってるなあ。

結構冷静に色々考えていました。


揺れがおさまって、
まずベッドの中でiPhoneからTwitter(笑
テレビつけて、震源地の確認。


仕事先に確認すると、中止にはならないから出かけろと言う(爆
なんだかなーとボヤきながら震える手で支度。

ガラス、ちらばってるんだけどなー。
でも時間ないから放置。
とりあえず大丈夫だったけどまた倒れそうなガラスものを床に降ろす。


2回目の大きな揺れ。


うわー。
出かけるのとか、超ムリ!
と毒づきながらも、仕方ない、行かねばならぬ。


冷蔵庫以外のブレーカーを落とす。←かなり冷静。


幸いすぐタクシーがつかまり、仕事現場に着く。
ほかのメンバーもなんとか集まり、よかったよかった。
母親からも無事メール。


予定時間を押したものの、仕事終わる。

あ、でもふつーを装っていたものの、
息がうわずってすごく歌いづらかったな。



タクシー・・・つかまるわけない。
電車、動いてない。
ま、そうだよね。


元々歩いて帰る覚悟で、カーゴブーツ履いてきたので、
迷わず歩きはじめる。

電話つながりにくい、メールいつ届くかわからない状態だったけど、
Twitterだけは安定していて、
情報チェックしたり、現状つぶやいたりしながら歩く。
歩くのは慣れてるのでだいたいの位置は頭に入ってるけど、
細かいところはiPhoneで確認しながら。


みんな歩いてる。怖くない。

ああ、でも路上で緊急地震速報が鳴ったときは、おいおいおい、と思ったけど。



途中コンビニに寄って、
とりあえず今晩困らない程度の食糧と水を確保。


近くの繁華街にたどり着いて一安心。
ケンタッキーでチキンをゲット。




そうして寄り道しながらだったので2時間弱かかって帰宅。

ケータイの万歩計見ると13000歩。
あれ。4時間かかった友達とか、20キロ歩いた先輩に比べたら
なんならちょうどいい運動程度。


とりあえずフライドチキンを食べる。
こういう時、本能的に食べるとか、
防御反応的に日常を求めるというか。


ちょっとぼーっと現実逃避して、
とりあえずほったらかしのガラス破片を片付ける。
妙に冷静というか現実逃避というか、
これから停電したりすると困るから、今のうちに、と
お風呂に入る。←余裕。

それからあんまり対策してなかったけど最低限の防災グッズを確認。
水、ペンライト、靴を枕元に。
お風呂に水溜める。やかんに水確保。


電気とテレビをつけたままなんとなくうとうと。

結構冷静にやってきたけど、
地味に手が震えて、ずーっと脈が速い。
このまま独りでもたぶん過ごせるけど、
ここでムリすると、長くは気持ちが続かないと思い、
近くの友達にSOS。泊めてもらう。


やっと脈が落ち着く。


今回強く思ったこと。

iPhoneとTwitter、超感謝!

それと、さすがに今回はパートナー欲しいと思いました(^^;
昼間は平気だし、メールでもネットでも人と繋がっているけど、
夜、電気を消すのが怖いです。
まあでも、旦那さんいても、地震当日帰って来られなくて、
独りで過ごした友達もいるのだけども、
一晩中続く余震と地震の中、近くに体温があるのは本当に救いでした。


で。

実はずーっと反時計回りにめまいが続いているんですが、
うちでじっとしすぎなのと、地震酔いみたいな感じ。

それ以外は概ね良好。

仕事や予定もキャンセルが続いて、
ムリに外出しなくていいので、ヒマなくらい。
ライフラインも安定。停電も回避。


そんな感じです。


週末は仕事決行になりそうなので、
また歩く準備しとくかな。



vivo_in_ciel at 12:18│Comments(0)mixiチェック

コメントする

名前
URL
 
  絵文字