Planet XG"Moulin rouge"イメチェン!?

2007年05月20日

東宝『マリー・アントワネット』

俳優の友人が出演している東宝ミュージカルを観に。
昨年秋からのロングランで、
いつ行こうかいつ行こうかと言ってる間に
今月末でクローズ。慌てて行った次第です。


まず長年ファンの土居裕子さんと福井貴一さんが
出演されていて、もうそれだけで胸いっぱい。
土居さん、もっともっと評価されてもいいのになあ。


で。
東宝が『エリザベート』のチームに依頼しての
日本初演作品。
http://www.tohostage.com/ma07/index.html


んー。。

私は主人公の一人、王妃と同じMAというイニシャルを持つ
少女マルグリットの動機、感情、苦悩、変化、それらが
最後まで繋がって見えず、
物語の中心キャラとして失敗してると思います。

ウラを補完して考えることもできるのですが、
それは脚本なり演出なり、もう少しスムーズに
描いてほしかったような。

なので最後まで誰に感情移入したらいいか
迷ってしまうのです。


そして、帝劇でマリー・アントワネット。
どうしてもベルばら、レ・ミゼがちらついて
オリジナル作品として見づらかったです。
まあこれは私の偏ったミュージカル経験によるものなので、
これらの余計な予備知識というか雑念のない人が
見るとどう感じるのかは意見交換したいところ。



あと、
振り付けが前田清実さん。
この人のお弟子さんを知っているし、
ここのダンスカンパニーの発表も見たことあって、
それらはとても刺激的なのですが、


このミュージカルに合っているか疑問・・・
以前見た『モーツァルト!』でも同様の感想。

なんというか、抽象的というかコンテンポラリーな振りが、
チャチな歌振りに見えてしまって、
どうにももったいないのです・・

ゴメンナサイ清実さん・・・




さて。
役者さんのレベルは平均あがってきてると思うんですよ。
だからこそ、作品のクオリティに
製作サイドのそろばん勘定がちらつくようなことは
早くやめてほしいのだけど・・・・



東宝を見ると毎度ちらつく感情。

at 18:53│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Planet XG"Moulin rouge"イメチェン!?