映画「阿修羅城の瞳」インファナル・アフェア3

2005年10月29日

映画「阿修羅城の瞳」

舞台は初演と再演、舞台のフィルム上映、と
シリーズをほとんど見ているのだけど、
映画化の話を聞いたとき、キャスティングが心配だったな。
でも舞台版の2人より、私としてはイメージのぴったりな
宮沢りえ、ときいて一安心。
あとのキャストは、まあ無難、というか
舞台向きの人と映像向きの人の区別かな、と。

滝田監督は、陰陽師でちょっと心配だったのだけど
陰陽師ほどの特撮の違和感はなかったような。

染ちゃんの存在感と、
彼の立ち回りはヘンな特撮使わずひきカメラで見せようという
姿勢がよかった。

あとでまた手を加えます。
取り急ぎ雑感で。

at 21:38│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
映画「阿修羅城の瞳」インファナル・アフェア3