2017年12月

2017年12月29日

では。


DSC_0050

この写真は2008年末、仕事でにっぽん丸に乗った初日の夕焼け。
翌日から永遠に続くシケに苦しむことを知らぬ美しき風景。なつかしい。



去年の今頃の記事によると、
一年を振り返って「転機」というキーワードを挙げたのだけど、
今年は、「改革」だったかな、と思います。


お気づきかと思いますが、
今年はほとんど人前で歌っていなくて、
スケジュール的にはホントーにヒマでした。
その代わり、久しぶりに勉強したー!と思う一年で、
数が少ないからこそ、ひとつひとつ、時間をかけて準備できたと思います。
ちょっとカゼひいたりなんかもしちゃったけど、それもまた勉強。

レパートリーを増やしたくて、
イタリアオペラのアリアをたくさん譜読みしたのですが、
合うと思ってたものが合わなかったり、
え、わたし、これ歌えるんだ!と思ったり。
発見とか、改革とか。

そしてここへきてなんだかヒラメキがあって、
来年は久しぶりにドイツものをやろうと思います。
早速歌えそうな機会もあるので、やります。やっちゃおう。

そうなのです、年明けはチビチビ歌う機会が決まってきて、
オープンだったりクローズドだったりしますが、
加えていくつかオーディションやら試験も受けようと思ったりすると、
5月くらいまでは、もうやること決まったような感じです。
相変わらずお金はなさそうですが、充実しますように。

そういえば歌のこと以外にも、
身体もあちこちガタが来るようになって、
食べるもの、運動、いろいろと改革です。やれやれ。




さて。


某合唱団さんのレパートリー曲に、
こういう歌詞があります。


『あなたは 私たちが求めたことを 何一つ与えなかった
 しかし 私たちが必要とした神のいつくしみを
 主よ あなたはすべてお与えになった』


私が欲しいと思ったものは、たいていのものが手に入らないのだけど、
でも不幸かといえば、やっぱり you are given enough、
振り返ってみればたくさんの人に赦されて、
私はここにいさせてもらえてるのだと思います。


ありがとうございました。
よいおとしを。




vivo_in_ciel at 12:08|PermalinkComments(0)mixiチェック

2017年12月21日

a life goes on and on...

カルメン終わりまして、
衣装は自前ではないものの、
インナーやら楽屋着やら、
細々としたものの洗濯に追われ、
いただいたお花やお菓子やらを整理して、
ようやく部屋の床が見えてきて、
ああ、いつもの風景になったなーと。

なんていうか、
基本的にわたしは自己肯定感が
非常に低い人間なんですが、
舞台をやっている間は、
少なくとも本番までは必要とされてるって思うし、
迷惑かけないように、責任果たせるように、
かけがえのない時間を大切にするし、
シアワセな日々です。

なんだか今年は、自分も歳を取ってきたせいか、
周囲でも生活の変化を受け入れていく友人も多く、
明日も明後日も、来年も
こうして歌ってはいられないかもしれない、
ということがよぎるようになりました。
もちろんどんな年齢でも
夢をいったん手放さなくてはならない局面に
立つことはあるのだろうけど、
より身近に感じられるような、
いつだって、どんな現場だって、
これが最後かもしれない、と、
なんとも言えない気持ちをずっと抱えていて、
まあでも、その日がいつかは、誰にもわからないから、
結局のところ、ぜんぶ神様に預けて、
明日歌えなくなっても、明日死ぬんだとしても、
ま、いっか、って思えるように、
ただただ、毎日を重ねていくしかないなーと思います。


あ、実は病気を抱えているとか
そういうことはないです。
こんなに健康に産んでもらったので、
もう少しだけ世の中に貢献したいものです。


劇場が好きだなあ。
コンサートもありがたいけど、
お芝居は、役というフィルターがあるので、
私であって私でない、というか、
在り方、の方向が示されているというか。


さてと、なんだかんだと年を越すんだな、
次回は今年の振り返りでも投稿したいと思います。











vivo_in_ciel at 16:16|PermalinkComments(0)mixiチェック

2017年12月15日

ご来場のお客様へ



明日明後日と本番となりました。
両日とも13時開演です。
くれぐれもお気をつけて、ご来場くださいませ。


急なご来場もギリギリまで大歓迎です。
いつでもご連絡ください!



なお、新藤家代々の言いつけにより、
差し入れは高級シャンパンしかお受け取りできません。


嘘です。

でもなにとぞどうぞ、手ぶらで気軽にいらしてください。
どーしても、というかたは、缶ビールをひとつ、手渡してやってください。
あるいはまたいつかチケットを買っていただけたら、
もうそれが一番でございます。



それでは!アルコール解禁までおよそ49時間!

IMG_20170913_0007
IMG_20170913_0008


vivo_in_ciel at 20:35|PermalinkComments(0)mixiチェック

2017年12月11日

まもなーく!

e2f6e60c.jpg


昨日、オケ合わせに向かう道すがらの空。
PCの壁紙かよ!と心の中でツッコミつつ。

相変わらず寂しいのですが、情緒不安を拗らせすぎて、もういっそさっさと終わってくれ!的逆ギレを起こしています(-.-;)まあ今日は久しぶりにルーチン仕事に出てみたらちゃんと切り替えられちゃうので、来週の今頃は軽い喪失感と心地よい疲れの中、日常に戻ってゆくのでしょう。なので、あと数日、大事にしなきゃなあ。

メルセデスっていう役は、物語そのものには、まあ関係ないというか、メルセデスがどうあっても、カルメンとホセは出会い、あのラストへ向かっていくわけですが、その中で、少しでもお客さまの印象に残る存在でいられたらいいな、と思います。うん、まあたぶん、それなりに濃ゆい演出がついていますけども、でも、終演後、後日、ン年後、あの時のフラメル、良かったね、って、この車を見たら思い出してもらえますように。再掲(。-∀-)笑

_DSC0891




おかげさまでこの現場はここ数年毎年呼んでいただいているのですが、今年はお菓子の家や、魔法の笛や、ガラスの靴など、キラキラの世界がありません。お伽話だといつも幕切れはシアワセーな気持ちで終われるのですが、今年はそれがないので、なんだかモヤモヤするのかもしれません。


anyway、
最後まで筋トレ!タンパク質!減酒!
おー!(`・∀・´)




vivo_in_ciel at 10:36|PermalinkComments(0)mixiチェック

2017年12月07日

寂しい寂しい寂しい!

カルメンは通常稽古がほぼ終わりです。
もう寂しさMAXで、稽古の行き帰りの夜道に紛れて
ちょっとウルっとしたりしました。
稽古場ではそういうスイッチにならないのですけどねー

あとオケ合わせがあったり、いよいよ小屋入りすると、
稽古場と勝手の違うところを埋めたり、
本番用の舞台や衣装、道具に慣れたりと、
感傷的になってるヒマがないので、
今が一番寂しいんだと思います。

私はどこか、プロになりきれない、というか、
なんか、やっぱりサークル感覚のほうが大きいのかなあ。
仕事、と割り切ったら、もっとドライに、
ただひとつのプロジェクトが終わるだけ、
それを完遂するだけ、と、
ココロ揺れずにこなせるのかしら。

でも大事だから、愛おしいからこそ、
大切に、丁寧に、作ってきたものを
キチンと、お届けしようと、
本番は冷静スイッチ優先させるのです。


気持ちはアツく。
アタマは冷静に!


来週末です。
まだまだご予約お待ちしてますー







vivo_in_ciel at 11:59|PermalinkComments(0)mixiチェック