2017年01月

2017年01月06日

毎日の小さな「ねばならぬ」

fc68e776.jpg



昨年末は仕事は早い段階で一区切りだったのですが、
ありがたいことに忘年会的酒宴が続き、
大晦日までバタバタしておりました。

明けて新年は、パッタリと予定がなく、
久しぶりに実家に連泊し、
起きればお節を並べ、お茶を片手にテレビの前でゴロ寝、
夕方になればお茶がビールになり、
気の向くまま飲んで飽きたら布団へ、
というザ・正月を過ごしたのですが、




これが・・・




すこぶる体調いいのですよねー






「予定がない」というのは、
単にその日にお約束がないというだけでなく、
後日の予定の確認やら打ち合わせやら、
スケジュールのお問い合わせだとか、
楽譜などの準備とか、
そういったタスクもろもろが、
なーもない、という日々で、

更には基本的にはお節と酒はあるので、
献立を思い煩ったり、
次の日を気にしながら飲まなくてよいし、


そうして気持ちも身体も緩めていられると、
何を食べようが、だらけようが、
体重やら体調やらは安定するのですよね。




毎日の小さな「ねばならぬ」、から
開放されることが
大切なのだなーと思いました。


(あ、あと毎日の手荷物ね。これがないだけで本当に体調が違う。)



365日こんな生活したらどうなるのかなー
どこかで飽きたりするのでしょうか。
あるいは、ボーっとする毎日だって、
ボーっと「しなくちゃダメ」と思ったら
それはストレスになるのでしょうね。


何をするにしても、しないにしても、
「ねばならぬ」が
「そうしたい、そうありたい」になれば、
きっとこんな気分のまま1年を過ごせるのでしょう。



なーんて、実はまだやや進行形で
お正月「です」気分なのですが。

周りはお仕事が始まったり、
新年早々演奏など活躍されているけど、
私は例年1、2月は冬眠しているので、
人と比べず、焦らず、飽きるまで惰眠を貪ろうと思います。


あ、新年会などお誘いください。



vivo_in_ciel at 11:10|PermalinkComments(0)mixiチェック