2015年12月

2015年12月30日

よいおとしを。

8c0e2533.jpg030dcef1.jpg



魔笛が終わって、クリスマスコンサートが終わって、
一息つく間もなく、教えの仕事納め、忘年会、来年のリハーサル、
ほんの数日甥姪の相手で燃え尽き・・・・


気がつけば年賀状に手のつかないまま12月30日。


・・・・あしたがんばる。




なんだか色々あったようななかったような2015年。
ともあれまずは大きな怪我や故障もなく過ごせただけで万々歳といったところ。
来年は・・・うーん、あんまり目標とか立てても、
だいたい予想もしない出来事に翻弄されて一年が終わることが多いので、
来やがれ2016!いい波も、困難も、見事乗り切ってみせるぜ!
くらいが精一杯かな。



いつになく、たくさんの方々に引っ張っていただいた1年のように思います。



キーボードの現場も、スタッフの経験も、どれも刺激的で楽しかったのですが、
歌い手であることを手放すのはイヤだなあ、という気持ちが率直なところです。
でも演者以外の経験は、結果演者としての糧になるので、
要するに、無駄なことはないのだなーと思うので、
どんなお声がけでも楽しくお引き受けしたいと思っています。



みなさま、ありがとうございました。


来年もたくさん美味しいお酒が飲めますように。




03937778.jpg


vivo_in_ciel at 23:40|PermalinkComments(1)mixiチェック

2015年12月22日

けやきひろば!


25日(金)は15:00から30分のステージです。
おかげさまで私は今年で5回目になるのかな、
今日、リハーサルの音源を聞きながら歩いていて、
なんだか今年を振り返ったりしていたら
思わず目から水がでてきて、はずかしかったです。
今年も独りクリスマスが近いのでセンチメンタルなのでせうか。
いやいや、曲がよくてねー。
あと今年はオーボエさんが入るのですが、
これまたなんだか心がむず痒くなる暖かい音色の楽器ですよね。


nella fantasia や you raise me up といった、
私の得意ジャンルを30分めいっぱいテンコ盛りしております。
今年はまだ夕方早いし、暖冬なので、
聴いていただきやすいのではないかと思います。
(ステージが半屋外なので、演奏するほうも、聴くほうもなかなか命がけ)
お近くのかたがおられましたらぜひお立ち寄りください。

さいたま新都心駅からすぐ、けやきひろばです。
http://www.saitama-arena.co.jp/illumination2015/concert/index.html

8d04aa24.jpg


さて、こんな曲も練習しています。
ブライダルで時々オルガンを演奏しております。
普段はほとんど決まった曲を弾くのですが、
珍しくお客さまからの指定曲が。
私はスタンバイのシフトなので、
実際は弾かずに終わる予定なのですが、
そういえば今年は鍵盤でステージに乗らせていただくことも
ちょっとだけ増えたように思います。

ありがたやありがたや。

7348c862.jpg


おまけの魔笛エピソード。


メイク時間が早かったので、その後開場するまで、
客席に座って、これからこの空間に鳴り響く音楽を想像したりしていました。
私はこういう時間が結構好きで、
劇場の神様に舞台の無事をお願いしてみたり、
舞台裏や袖、ロビーなどを徘徊して、
スタッフさんや表方さんを眺めたりします。
(邪魔しない程度にね!)

なんていうか、マーキングですかね(笑

ここで、演るんだ、っていうイメージトレーニングをすると、
なんだか落ち着くんですよね。




vivo_in_ciel at 21:55|PermalinkComments(0)mixiチェック

2015年12月21日

魔笛終了。


昨夜は宴たけなわの打ち上げを抜けて終電で帰宅、
でもやっぱりちょっとだけ打ちあがり足りなくて、
帰って1杯だけ飲んで、今日は昼近くまで寝てみました。

そして終演明けの一日は、
荷解きと洗濯機3回転の日常へと。
まあ、もう朝から仕事やら次のリハーサルへ行くかたも多いだろうから、
ゆっくりできるだけありがたいのかもしれないけども。

139a5873.jpg

じゃじゃーん。

こんな衣装でした。
魔笛のお話をいただいた時から、
小澤さんの演出ならダーメはミニスカートに違いない、
とヨカンしていたので(笑)衣装合わせが楽しみでした。

しかし遠目の舞台とはいえ、ストッキング穿いているとはいえ、
over 40 の脚をよい子のみなさんの前に晒していいものだろうか、と、
実は密かに下半身の筋トレをしたりなんかしてました。

歌い手として努力の方向が間違ってる気もしますが(^^;
歌い手である以上に、舞台人としてヒトサマに見ていただくわけですし、
女子というのは、衣装にトキメいたり、メイクがキマったりするだけで、
その日のテンションがまったく違うのであります。


さて、写真右のモノスタトス磯沼良くんは、
じつは大学のサークルの後輩で、なんと20年振りくらいの共演でした。
どこで誰と出会って、どうなるか、わからないものですね。
おつかれさま!イソ!





てなわけで、あとは25日のけやきひろばクリスマスコンサート。
クリスマスの賛美歌はなんだか泣きたくなりますね。
去年は男の子役からドレスで歌うお姉さんへの切り替えに苦労したけど、
今年はo holy night に毒気が混じらないようにがんばらねば(笑


136f4906.jpg


ご来場いただけるだけでもありがたいのに、
お花や差し入れまでいただいたりして、
我が家はにわかに華やかです。
なかでも最近は入れ物まで美しいものが多く、
中身のお菓子をいただいたあとも
箱を飾って楽しんでいます。


ありがとうございました。






vivo_in_ciel at 14:03|PermalinkComments(2)mixiチェック

2015年12月16日

いよいよです。


あさって、小屋入りしてゲネプロなんですけどね、
なんだかまったく実感が湧きません・・・
というか、湧いちゃったらめっちゃ緊張しそうなので、
現実から目を逸らしているっていうウワサも・・・

残りわずかな時間で、
あと何段ステップ上れるかな。

がんばりまーす




魔笛表
魔笛裏


vivo_in_ciel at 22:33|PermalinkComments(0)mixiチェック

2015年12月12日

情熱と狂気は紙一重。



今日は横須賀でリハーサルでした。



時間があったので軍港までお散歩。
駅から5分のそこに、
当たり前のように停留する数隻の護衛艦に、潜水艦まで。
その光景はそこそこの迫力で、
少なからず心躍る自分を否定できません。

帰ってきてたまたま見たバラエティ番組では、
地方の廃校になる小学校でサプライズを仕掛けていて、
子供たちが(それ以上に担任さんとか大人が)
目をまんまるにして、それこそ泣きだすほどの興奮で、
その純粋さが美しいなと思いつつ、
昼間の軍港の景色と重ね合わせては、
純粋ゆえに孕む狂気など、思いを馳せています。






現場というのは、ありがたいものです。
モノづくりであることはもちろんですが、
気づきの日々です。
四十も越えて、まだまだ自分自身の中に、
知らない自分や、コントロールできない思いがあることを知ります。
そこが大変なような、だからこそ面白いような。


あ、
そういえばあわせてクリスマスコンサートのリハーサルなどしております。
25日(金)いつものさいたま新都心けやきひろばです。
クリスマスソングはいいね、心が和らぎます。





vivo_in_ciel at 21:14|PermalinkComments(0)mixiチェック

2015年12月08日

愛が足りない。


今日の魔笛は、荒通しという作業をしました。

ゲネプロよりも、通しよりも、もう1段階フレキシブルな通しといった感じ。
でもフレキシブルとはいえ、あたまから最後まで通すわけで、
それなりの緊張と責任が伴うのですが、
そりゃまあいろいろ成功も反省もあるわけで、
まあでも、シーンごとに練習している中で気づきにくいことや、
見落としていることを発見できたので、
よかったとします。。。。いや、させてください。。。。


それでまあ、各セクションからダメだしをいただいて、
もちろんそれ以上に本人痛感しております、という点も
山ほどあるわけなのですが、
要するに、きっとそれぞれに、すこーしずつ愛が足りない、
のではないかな、と客観的には思っております。


もちろんものすごーく愛にあふれた現場ではあるのですが、
いい舞台にはもっともっともっと愛が必要なのだなあ、と。


もしかしたら。。。
作品に対して愛はあるけど、音符への愛が足りない。
音楽への愛はあるけど、セリフへの愛が足りない。
メロディーへの愛はあるけど、休符への愛が足りない。
歌うことへの愛はあるけど、動きへの愛が足りない。
段取りへの愛はあるけど、見せ方への愛が足りない。
そしてもちろん、逆のこともあるかもしれないし、
指揮者とのコンタクト、演出への理解、共演者への配慮、
衣装がついたらどんなことになるだろうという想像、
スタッフへの感謝、そして何よりお客様への想い、


愛というのは、言い換えればこだわり、とか、思い入れ、かな、
ほんとうに時間はあるようでないし、ないとはいえやれることはあるし、
いよいよ通し、ゲネ、そして本番、と、
もう言い訳のできない時期にきているわけですが、
少しでもたくさんの愛があふれた舞台になるよう、
もう1段階も2段階も気をひきしめて、
がんばります。


ブライダルのお仕事でよくご一緒する牧師先生の言葉に、
「愛というのは減ったり枯渇するものではない」というのが
あったような気がします。
愛する(こだわる)というのは、どこか1点しかできないものではなく、
愛すれば(こだわれば)愛するほど(こだわるほど)、
ますますその愛は深く広がっていくもの・・・・のはず。


大変だけども。


本日のお写真は、けやき坂より「愛」

こわいわ!!!

dc1830ba.jpg


vivo_in_ciel at 00:26|PermalinkComments(0)mixiチェック

2015年12月04日

鼻うがい。



どんなに気をつけていても、朝起きると喉が痛いことがあります。。。


こればっかりは、寝ている間の自分をコントロールするのは難しく、
濡れマスクをしたり、部屋の湿度をあげたりもするのですが、
それらは快眠の邪魔になることが多く、あまり長続きしません。
かといって、絶対口閉じて寝るんだ!って思い込みすぎるのも、
今度は緊張してきちんと眠れないので、かえって逆効果だったり。


そういうわけで、毎日半ば賭けのような気持ちで眠り、
朝は喉が痛くないかドキドキしながら目を覚ましたりしております。


ちなみにノド痛いのにも、セーフなやつと、アウトなやつがあって、
今朝は久しぶりに「やっちまった」感のある扁桃腺の存在感で、
一年で一番風邪ひいちゃいけない時期にやってもーたー!と思ったんですね。

よりによって休めない予定の詰まってるウィークだわ、
すなわち病院行く時間も難しいわ、
それに私、いくつか薬のアレルギーがあって、
たぶんあんまり強いのは飲めないしなあ・・・・などなど
ぼんやり絶望しているときに、ふと、
いっとき話題になった鼻うがいを思い出しまして。



ま、モノはためしと、朝からネット検索などしましてレッツ鼻うがい。



これがねー、

テキメンですなー



1、2回流したっきり、病状進行しないどころか、
ノド痛かったのを忘れてしまいそう。
ありがとう民間療法!


いやー。クセになりそう。



【注】 ただし鼻うがいにも賛否あるようで、かえって危険とする説もあるようです。



さて、
とはいえ油断大敵、あなどるとぶり返しそうなので、今日はあったかくして寝ます。
明日は気持ちよく起きられますように。





一番好きな色のバラ。

69296f05.jpg


vivo_in_ciel at 22:27|PermalinkComments(0)mixiチェック