2015年03月

2015年03月24日

お知らせ。


来月、ささやかながらソロコンサートをやらせていただくことになりました。




というお知らせを、直接お目にかかる方と
近しいメーリングリストにだけお話させていただいてきたのですが、
こちらで発表する前に。。。。


なんとほぼ完売となってしまいました。



小さな会場ではありますが、まさか私ひとりのために、
こんなに早くからご予定を確保していただけると思っていなくて、
嬉しいやら、みなさまのお気持ちに背筋の伸びる思いです。。。




まだもう少しお席のご用意はできるかと思いますので、
もし、え!聞いてないよ!どういうこと!?とおっしゃっていただける方は
よかったらお問い合わせください。



というわけで、コンサートの告知の前に、
完売のお知らせ、でした。



どうしよう。
がんばらなきゃ。





vivo_in_ciel at 19:54|PermalinkComments(0)mixiチェック

2015年03月23日

在るということ。


今日はとあるパーティで演奏をさせていただきました。


なんか、ここ最近、とにかく自分という形が不安定で、
そういやどうやって人前に出ていたんだっけ、と不安な時期だったのですが、
そんな中、信頼しきっている奏者さんとステージをさせていただいて、
お客様の笑顔や、感謝の言葉などありがたく頂戴して、
自分の好きなこと、楽しいことをして、こんなに喜んでいただけて、
自分に居場所をいただけて、それってとてつもなくありがたいことだなあ、と
久しぶりに心から安心できる一日でした。


自分というのは、人に許されて、人に場所を与えてもらって成立するのかもしれません。
だから、不安定なときこそ、人との関わりが不足してるのでしょうかね。







vivo_in_ciel at 23:12|PermalinkComments(0)mixiチェック

2015年03月01日

3がつになりました

26e95624.jpg

意外な知らせの重なる週末で、
ひとは思ったより簡単に死んでしまうし、思った通りには簡単に死ねないものだなあと、
そんなことを思いながら、うっかり3月です。
ちらほら震災のドキュメントなんかも目にするようになって、
もう、なんども見たあの日の東北の映像をちらっと見ても、
条件反射のように涙があふれて、
かといって、辛くて辛くて・・・という感じでもなく、
食事の支度をしながら、掃除をしながら、
なんならメールのひとつも打ちながら、
ただただ涙が止まらない、という感じで、
これはきっと言うなればPTSDの一種になるのだろうけど、
あの日、とても大変な一日だったような気もするけど、
でも結局、水も電気もちゃんとあった私ですら未だに
この時期になると「なんだか怖かった」と思った気持ちだけが蘇って、
ただただ泣くことしかできなくなるのだけども、

ただ、唯一の救いは、
亡くなったすべてのかたは、
その恐怖からも痛みからも孤独からも寒さからも解放されて、
いまは、あたたかいところにいる、と
私はそう思うことに、そう思えたらいいな、と思っています。



生きる苦しみと死にゆく悲しみと。



生きている以上は、生きてゆかなくてはなりません。









vivo_in_ciel at 22:01|PermalinkComments(0)mixiチェック