2013年10月

2013年10月30日

オータムコンサートでしたー




いやはや・・。

普通、ひとつステージを終えると、
反省なり感想なり、振り返って味わうのですが、
今回はなんというか、まっしろ。
本番中も真っ白で、自分がなんでここにいて、
何を歌ってるのか、なんにもわからなくなって、
もうホント不思議な時間でした。

なんというか、経験不足です。
こんなんもっと若いうちにいっぱい飛び込んでおけばよかった(涙目
でも、経験不足は経験をしていくことでしか解消できないわけで、
そもそもこのオーディションを受けたのも、
「そろそろ少しアウェーなところで戦わないと」と思って
中途半端な自信とか、慣れをブチ壊しに行って、
見事粉砕されてきました。

はー。もっともっと、どんどん失敗しないといかんのです・・・




終演後、大勢で駆けつけてくださったお客様たちが酒宴を用意してくださり、
ほっとしたのか、いつにも増して酔いました。ありがとうございました。
もっともっと胸を張ってステージでお迎えできるよう、がんばります。




さて!

せめてもの気合いの証しでドレスは2着!

a02f2a47.jpg








vivo_in_ciel at 11:07|PermalinkComments(2)mixiチェック iPhoneカメラ 

2013年10月10日

天使係数。



よく「食費を減らすために自炊を心がけています」なんてのを聞きますが、


あれは、ホンマなんでしょか。。



ここ半年くらい体重コントロールブームに関連して、
かなり自炊率があがっておるのですが、
テキメンで食費も急上昇してるんだけど。。


エンゲル係数っていうか、もはやエンゲル。



「天使」係数なんていう甘い響きも嘆かわしく。




※エルンスト・エンゲル
(Ernst Engel, 1821年3月26日 - 1896年12月8日)は、
社会統計を体系化したドイツ統計学者、経済学者。(Wikipedia)







                 



さて、おかげさまで10/29@杉並公会堂小ホール のチケットですが
手持ち分は完売となりました。本当にありがとうございます。
がんばらねば・・・・



                 



なんだか細切れに予定が入ってきて
忙しいってほどでもないんだけど、誰にも会わない日が欲しくなったりする。
スケジュール帳が白かったり、電話やメールが鳴らないと不安なくせに、
埋まってしまうとなんとなくドキドキしてしまう。


なんというか、未来が決まってしまうのが、ちょっと寂しいような。

素敵なサプライズが起こるスペースを残しておきたいような。



・・・・。


たぶん結婚とかいうものから逃げているのも、
結婚はしたいけど結婚しちゃったらもう結婚のユメを見られないから、
いつまでも結婚に憧れていたいなー・・・・なんて・・・・

40にもなって言うてる場合か!




まずは目の前のひとつひとつをクリアしていこうと思いますが、
いやしかし天使係数もコントロールできないようでは、
まだまだピーターパンシンドロームは卒業できません・・・ふう。




DSC_6719


これ、誰が撮った誰なんだ?っていう写真。





vivo_in_ciel at 10:49|PermalinkComments(0)mixiチェック

2013年10月02日

音源アーップ!!



今夜はもういっちょ投稿しまっす。


今宵いよいよお伊勢さんの遷宮が執り行われているようですが、
いつもお世話になっている作曲家、早川太海さんの新作をmy spaceに公開します。
この遷宮をイメージして作られました。


録音は私の誕生日、9月19日。
しかも、私は昼だか午後だかに産まれたらしいのですが、
まさにその時間に録音していました。


リリース用の音源ではないので、荒削りな部分もありますが、
40歳の瞬間の声です。よかったらアクセスしてみてください。
ナレーションもあったりして、ちょっと恥ずかしい。




(リンク先の画面右半分のまんなかくらいの、曲のタイトルのとこの
01っていうリスト番号のへんをクリックすると再生されると思います・・・)

♪ 遷宮
https://myspace.com/sumikoshindo/music/song/-94259113-104918597



ついでに公開してなかったいくつかも同時公開。



♪ Beyond the universe

https://myspace.com/sumikoshindo/music/song/beyond-the-universe-94259107-104918576



なんていうか・・・ヤマトっぽい(笑
これも生声使ったりして、チャレンジングでした。



♪ HYMNOS

https://myspace.com/sumikoshindo/music/song/hymnos-94259077-104918556



自然讃歌的な優しい歌でした。





よくわからん、というかたは、こちらからいかがでしょうか。
https://myspace.com/sumikoshindo/music/songs


なんかmy space、元々使い方がよくわからなかったんだけど、
より一層わからなくなっていて、ご面倒おかけいたしますが、
よかったら聴いてください。





vivo_in_ciel at 23:23|PermalinkComments(0)mixiチェック

そして宴。


某日。幼なじみとランチ。
地元のミシュランイタリアン。
このあと仕事だったのでワインはお預け(涙

5c49a8f8.jpg


某日。大学時代の友人たちと沖縄料理。
泡盛を存分に。
ウコンとシークワーサー動員で二日酔いは回避!

96ef71bd.jpg


某日。お待たせしました。肉です。
白金の予約の取れない焼肉やさん。
薄切りながら、とにかくピースが大きい!
あっという間にお腹一杯。
ごちそうさまでしたー。

ef38a40f.jpg



ふう。

さすがに宴ラッシュもひと段落の兆し・・・(まだ終わってはいない










vivo_in_ciel at 21:46|PermalinkComments(2)mixiチェック iPhoneカメラ 

『パンドラ ザ・イエローモンキー』


The Yellow Monkey。


私にとって、
10代の象徴がTM Networkなら、20代のそれはまさに彼らでした。
熱烈というほどではないけど、
新譜をチェックしたりライブを待ち焦がれたバンドというのはそう多くないので、
やっぱり特別なグループ。


解散から10年。


1998-99年の、最後のツアーのドキュメント映画。

メンバーにとっても、ファンにとってもトラウマみたいなあの日を、
観たいような、観たくないような。


でも、当時の映像の合間に、現在のみんなが集まって、
当時を話しているシーンが織り込んであって、
無理くり顔を合わせているわけじゃなくて、
あの日のまま、あの頃のまま、でもそれぞれが今、を過ごしながら、
4人揃って笑顔であの日を振り返っているのが、
嬉しいような、より一層寂しいような。


何よりも、当時の映像はカラーで、今の映像はモノクロで、という演出が、
あの日々は過去の中にしか残っていない、
メンバーはこうして4人いるのに、イエローモンキーはもうどこにもいないんだなあ、と
ちょっとキュっとした。


それにしてもライブシーンが出てくると、自然と身体が動くのだけど、
周りの人たちはみんなしずかーに観ていて、すごくもどかしかった!
一人で行くんじゃなかったー。
もちろん帰ってから、CD流したり、PV観たり。
カラオケ行きたいなー。


8bfca20b.jpg


http://theyellowmonkey-movie.com/





vivo_in_ciel at 21:35|PermalinkComments(0)mixiチェック