2013年06月

2013年06月24日

除菌の功罪。



去年の夏あたりから、弱いのに冷たいもの飲んだり、
お正月には食べ過ぎたり、と、
思えば暴飲暴食だったようなフシはあるのですが、



そういえば大腸の内視鏡やった時も、
下剤ですっからかんにしたのにまったく体重減らなかったし、
お腹も特段ぺったんこにならなかったのは既報の通り。


まあ、元気だし、食べられるのはよいことだ、と
ポジティブに捕らえていたのですが、




この半年、なんとなく平均的に体重が増えまして。




整体通ってるんですけど、骨盤矯正すると痩せるんじゃなかったですかね(^^;
外脛骨のこともあって、結構歩いてるんですけど、
ウォーキングって痩せるって聞いたんですけど。


・・・・・。


ある年頃から痩せなくなるとは聞いていましたが、
そうですか、これですか。
いよいよもって中年のカラダになってまいりました。
まあ歳相応と言ってもいいんですが、もうすぐ夏だしね、
目下「夏までに目指せ☆美BODY」的キャンペーンを実施中。




まあ、最終的には「数字」は目安でいいと思ってるので、
××だけダイエットとか、自己流断食なんかはしてないのでご心配なく。
今のところ目標の半分だけど、体感的に身体が軽く感じたり、
スッキリしてきてるので、まあ、この辺でもいいかな、とも思ってます。



で、



確かに忍び寄る代謝低下の波も大きいんだけど、
きっかけとしては、去年のピロリ菌除菌なのかもなー、と。


元気な胃腸を手にして体重増えたなら、
これが私の本来なんだろうな、とも思います。



思うけど・・・・


夏だしね・・・








9b07c60a.jpg









vivo_in_ciel at 17:17|PermalinkComments(0)mixiチェック

2013年06月10日

観劇ラッシュ。

レミゼのプレビューに続き、
私にしては観劇が続いておりまして、まとめて記録。



某日。

マイフェアレディ@日生劇場


古典中の古典。ヘプバーンの映画は観たような気がするけど、
断片的にしか記憶がないので、実質初見。
でも、曲のほとんどをどこかで聴いていて、
そういう意味では本当に名作なんだなあ、と思う。

G2さんの新演出(翻訳もリニューアルだそう)については、
少々思うところアリ。いいとか悪いとか、というより、
ミュージカルと芝居の相容れなさみたいなこと、なのかな。
私は違和感と感じてしまった。とか。

プリンシパルさんたちの歌唱力にも若干の疑問が。
熱演だったし、クスっとさせられる演出もあったけど、
乱暴な言い方だけども、歌になるとどこかで脳内補完しなきゃならないのは、
ちょっとな、と。


まあ、私は、伽藍さんとカズ(小原和彦)の共演が見られれば
それでよかったので、ニヤニヤしながら観てました




某日。

TEAM 発砲・B・ZIN『ヒノダン』@本多劇場


これもまあ、お目にかかったことがある人ばかりで、
客観的に演劇として観られないというか、
もう、このメンバーが揃ってなんかやってるだけでオールオッケー。

客演やアンサンブルを一切入れず、
主役級の劇団員だけで脇役なんかも兼任するもんだから
ちょっと混乱することもあったけど、全員ほぼ舞台上に出ずっぱり、
そしてまた、ちょっと異常なくらいのアクションの量で、
ほんと、心身ともに限界だったろうな、と思うことしきり。


お話は、これまたもう、このメンバーでこの劇団で言われたら泣くしかない、
っていうツボを突いてくるので、もし一見の客だったら、
ご都合主義、予定調和、内輪ウケ、もうなんと言われても構いません。
あたしゃ心ゆくまで笑い泣き。




某日。

ワイルドホーンメロディーズ@オーチャードホール


シラノとかジキル&ハイドとか、
最近日本で流行ってるミュージカルのほとんどを作曲している
ワイルドホーンの曲だけを集めたコンサート。


が、しかし私、ひとっつも観てないし、贔屓の役者さんもいないし、
どうなることかと思ったけど(なぜ観にいった)それなりに勉強になりました。
あ、1曲だけ何故か知っていて、よくよく考えたら、
誰か俳優さんがオーディション受けるときに下稽古したのでした・・・


さて、オーチャードでPAガンガンのコンサートスタイルは果たして。
どうもワイヤレスの音質は好きになれない、というか、
声の芯を捕らえない気がして、使う側の問題(声質とか、マイクとの距離とか)かなあ、
と気が散っていたのだけど、後半、声があったまってきたのか、
そんなことも気にならなくなってきました。

ワイルドホーンフィーチャーと言いつつ、
もうお客様は公演ご覧になってますよね?の実質ファンの集いぽく、
ストーリーの説明とかは一切なく、役者さんの今後のスケジュールコーナーなど。


四季出身の女優さんで、ちらほらお名前は見かけていたのだけど初見のかた。
ラストの熱唱はさすがの圧巻だったけど、前半のバラードとかは、
なんか演歌歌手みたいなクセがあって、ちょっと気になった。
保坂知寿さんを彷彿とさせるんだけど、
保坂さんのシャクリは個性、って思えちゃうんだよなあ。





来月にかけて、あと3つコンサートが待っていて(聴くほう
なかなか贅沢なインプット期間です。




おまけ。

キヤノンに浮気してしまいそう。
http://store.canon.jp/user/ListProducts/list?svid=2&sc=CPS142&jsp=/jsp/search/dc_psn.jsp




しかし純正18-300の誘惑とか・・・・シグマ、タムロンからも・・・・






d80c16d2.jpg

vivo_in_ciel at 11:55|PermalinkComments(0)mixiチェック