2012年10月

2012年10月27日

2012 ☆ 2013


来年の手帳を決めました。


こんな生活ですから、
もう長いこと時間軸のあるものばかり使っています。


学生の頃から、ソニプラでよく見かけるQUO VADIS一筋だったのだけど、
一般人(?)向けなので、日曜日のコマが平日より小さいのが気になっていて、
ここ4~5年はMark'sに乗り換え。(写真下の2012のレイアウト)
これだと、月曜から日曜まで同じ配置で、
私のようにフリーターというか、週末労働者向き。


で、来年も同じのにしようと思ったんだけど、
表紙のデザインが色々あるのだけど、
今回はどうも気に入ったものがなかったことと、

わたし、単純な予定だけじゃなくて、
持っていくものとか使ったお金とか、買っておくものから振り込みから、
録画のリマインドや友達の誕生日などなど各種メモにもなれば、
時には日記代わりなど、なんでも書き込んでしまうので、
余白の多いのにしてみよっかなー・・・・


ということで、2013年版は、横時間軸で、
右のページがガッツリ罫線の子になりました!

c2912f72.jpg


おまけに事情により一回り大きいのになったので、
なんだか編集さんか、タレントマネージャーみたいです。


で、チビチビ予定を書き写しているのだけど、
慣れないのでちょっと使いにくい(^^;
まあ、一年かけて仲良くなれますように!


てなわけで、
毎年思うけど、
せっかくおっきくしたことだし、
来年は今年以上にいっぱい予定があるといいなぁ



vivo_in_ciel at 21:59|PermalinkComments(0)mixiチェック

2012年10月23日

天啓!?

8e70ad38.jpg


仲間うちの宴会がありまして、
オレンジ色のなにかを身につけていかなきゃいけなくて。
(それか仮装。ちなみにみんな驚愕の仮装でした。)


・・・オレンジのドレス(的なもの)買っても
普段使わないしなー。

と、

しぶしぶ街をさまよった結果、
奇跡的に出会った古着のお着物。

もう、ハロウィンかジャイアンツかっていうくらいのオレンジで。
しかもまさかの・・・・



一千五拾円也!!!!!!!!!!!



すごく探したっていうわけでもなく、
なんとなく直感にまかせて、そうだ着物にしようって思って
小物を買い足そうと立ち寄った古着屋で運命の出会いで。


これに限らずなんだけど、
最近こういう直感というか、お導きというか、
求めよ、さらば与えられん、ていうことが多い。
でも、別に今までとやり方変えたわけじゃないのに、
波というか、流れというか。


ここにきて、ようやく、よーやく、すこーし忙しくなってきて、
以前からやりたかったことがちょっとずつ叶っている感じ。

どんなにあがいてもうまくいかない時もあるし、
なんだか流されて波に乗ることもある。
逆にいえば、どんなに波にノッっていても、
潮目は変わるし、凪の日も来るだろうし。


おかげさまで、とりあえず年内はバタバタして終わりそうです。
でも周りのたくさんの音楽家たちに比べたら、まだまだ。
休みがないっていっても、まとまった時間がないだけで、
まあ、効率が悪いんだな。


今後の目標は、ガっと働いて、まとめて休む、っていうサイクルが理想です。
・・・・でも貧乏性だからなー。
連休なんて怖いよねー


歌えるときに歌っておかないと、とも思うけど、
同じくらい、
遊べるときに遊んで、
会いたいと思ったら会って、
食べたいもの食べておかないと、

たぶん、色んなものが、
あっという間に通り過ぎてしまうのだろう。

こわいなあ。





vivo_in_ciel at 21:50|PermalinkComments(0)mixiチェック iPhoneカメラ 

2012年10月07日

説得力。

4ef34cc1.jpg

ららら♪クラシックのバレエ特集など観ながら。



正直言うと、私はあんまりバレエが好きじゃなくて、
こと、最近体幹だとかのことを知るようになって、
なおのこと、バレエというのはニンゲンの身体に対して、
非常に不自然でイビツな文化だと思うことがありまして。

でも、こうして番組で本当に一流の作品を見るに、
なんというか、ものすごく説得力があるわけですよ。
このテクニックでなければ、この身体でなければ表現できない、何か。
それに、シンプルに、ヒトの身体の美しさを、
すとん、と腑に落としてくれるわけです。



(そうそう、【腑に落ちる】という表現も、
実はちゃんと体術的に根拠があるんですよ。たしか。
まあ、それはワタシには説明はできないので、
気になるかたは、和太刀を見学してください(笑 )


で。


そのヘンちくりんさ、というのは、バレエに限らず、
一般的にオペラとかクラシック全般がそうなんだろうな、と。
バレエ、クラシック、オペラというだけで、
プレッシャーと同時にあるいは「ぷふっ」という対象になるのは、
あるいは歌舞伎なんかも同じかもしれない。
私自身、本当に感動したオペラって、実はそう多くない。


なんだか興味もないのに、むしろキライなのに、
思わず観てしまう、聴いてしまう、なぜだか涙してしまう・・・
そういうものを「一流」というのだろうなと。
そして「一流」とは言い換えれば「説得力」なのかなあ、と。



今日は些細なことながら、
ワタシはまだまだ二流・・・どころか三流、なんだなあと思うことがあって。


こんなにやってるのに。
ワタシだって少しは技術も才能もあるのに。
そんなような嫉妬心も少しは渦巻きます。


でも、
そんなの私に興味のない人(すなわち大多数)にはどーでもいいことだし、
いっそ私を否定されても、その人を思わず立ち止まらせ、
納得、説得させる「何か」が、
私にはまだまだ足りないんだなあ、と思った。



凹む、というより、くっそー!という思いのほうが強いから、
きっと私はいま成長期なはず。



いい意味で「タフさ」とか「鈍感力」が必要。











vivo_in_ciel at 22:28|PermalinkComments(0)mixiチェック iPhoneカメラ 

2012年10月03日

ぜんぶ歌いたい。




だはー。



ある企業さまのパーティで演奏をしてまいりましたー




うん。がんばったー!!



このくらいのことが、フツーになりたい。
スケジュール的な意味でも、
技術的な意味でも。
ワタシにもっとスキルがあったら、
バンドさんたちももっとラクになるはず!!
今回はホントみなさん、応えてくださって、
わたしは、乗っかればいいだけだったので
とても安心していました。
ありがとうございます。





そして、
初めましてのお客さまでした。


今のしんどーの、
心底精一杯は努めさせていただきましたが、
少しでも楽しんでいただけたでしょうか・・・




1359c36b.jpg



グッドルッキングガイズ・・じゃない、レイディーズを従えて(笑
フルートのりえちゃん、チェロのせいこさん。

バイオリンさんとピアニストさんにカメラマンを任せるという、
鬼畜現場・・・・・(爆



そして
男装は、むしろワタシ、得意なんだけど(爆








みんなみんな、


ありがとうございました。
感謝感謝です。






はー。


めっちゃ緊張したけど、
楽しかったからいっかー!!





vivo_in_ciel at 23:14|PermalinkComments(2)mixiチェック iPhoneカメラ