2016年12月19日

ボケ担当イズム。


サンドリヨン終演。


ありがとうございました。


こんなテイですけど、
オペラとは、てなことは、ずっと考えた公演でした。
こんなだけどこんなだけどこんなだけど、
最優先は音楽に置く、
でもやりたいことやる。
それを課題にしていました。

ac7da513.jpg

a989ff30.jpg





素だね、
地だね、
ぴったりだね、

各種お言葉をいただきました。

「次回サンドリヨンに参加するんだー」
「へー・・・・お姉さん?」
「・・・・え、なんでわかるの」


なんて会話もありました。


この集合写真だって、
決して目立ちたがりななわけでなく、
どうもアタマが(衣装的に)デカイので、
遠慮からの、一番低いポジションが、
ここだった、だけ、です!!!


そんなこんなで、
はい、否定はいたしませんが、
一応、マジメに語っておくと、
確かに演じやすかったと思います。

それは、私の根本がイロモノであるかどうかは置いておいても、
単純に、このキャラクターの、「このオペラにおける役割」、が
はっきりしているから、でした。

我々義理家族セクションが滑稽であればあるほど、
主人公リュシェット(サンドリヨン=シンデレラ)の純真が際立つように、
台本、そして音楽の段階で描き分けられているので、
タイトルロールさまを彩るために、
ヨゴレ役として死す!それは何よりの名誉!!!!!
みたいなモチベーションでした。


あと、もうひとつ、こういうことを自分で言っていいかわからないけど、
ピエロが笑わすのは、お客様だけじゃなくて、
カンパニーの潤滑油だとか、稽古場の息抜きポケットになったら、いいな、
みたいなことも思ってみたとかなんとか。

去年の魔笛の打ち上げでいただいた、
「もっとB型みたいにならないと」
という謎ワードは、今年のスローガンになったのですが^^;
それをB型さんが聞くと、なにそれB型ディスってんの?て
言われるのですが、そうでなくて(いやマジで)
私なりに解釈して、背中を押してもらうヒントになりました。


ただし、ただ闇雲に、好き勝手アドリブかましてやり放題、ではなくて、
(それはB型さんに失礼です)
やはり笑いには笑いのロジックがあるし、
義理母+ネーチャン2人の、相変わらずの3人組として、
自分がどう見えているか、プラス3人として、そして舞台全体として、
お客様が、どういう画(え)を観ることになるか、
めっちゃ変顔しながら、瞬時に微調整をしておりました。


誰かが立てば、それより低いポジションを取るし、
誰かが右へ行けば、それなりに左に行くし、
誰かが左に。。行く前に、このあと左に行くであろうから、
何かしらのタイミングで動線空けておこう、みたいな。


これは、
それなりの「技術」だと思うのですが、
歌い手としての経歴には、書けないんですよね。


就職活動で言うと、
部署のみなさんのお茶の好みと砂糖・ミルクの有無を把握する能力に長けていたり、
上司に指示される前に、明日の資料まとめてみたりできても、
それは資格、ではないので、履歴書に書けない、みたいなところでしょうかね。


この辺を買っていただけたらいいのですが、
そのためにも、結局オペラを、やるなら、まずは、
声を、鍛えるしかないのかなー。。。。と
来年の指標を感じつつ、
昨日打ち上げ足りなかったので
一人二次会のなか、御礼がてら。




さてと、
振り返ると小学生の演劇部の時代から、
被り物は得意としてきたのですが、
キンパツは初体験でした。

ゲネプロでさりげなく試行錯誤がされておりまして、
一瞬、普通ぽい方向にいきかけたのですが、
キンパツのほうが、より一層ヘン、という基準において採用となりました。


初号機。
メキシコのお土産(呪い)人形。

17896d0d.jpg



没プラン。
色のバランスはどう見ても落ち着く。
でもキャラクター的にもフツー。

f65c76c1.jpg



で、初号機にお花がついたコレになりました。


056f6a1e.jpg


このお花は元々の選択肢になくて、
ゲネプロの間に、手隙のキャストさんが
お買い物に走ってくださって日の目を見ました。

女子楽屋は戦場です。

自分がいかにカワイイかはもちろん(笑
全女子キャストのために、
お互いが全力を出し合います。
これ持ってるよ、これ貸すよ、ないなら買ってくるよ!!!!
本当に、ありがたい現場でした。


はじまりのあるものはかならずおわりがあるねえ。


さみしい!









vivo_in_ciel at 23:10|PermalinkComments(0)

2016年12月17日

今年の秘トレはプランク。

f0df5168.jpg


ミュージカル好きの、猫好きのお客様からいただいたメッセージカード。

なんか、ここから猫要素を抜いたミュージカルを
某合唱団で見たような気がするのですが。


さて、


初日でした。


どうなのかな。


お芝居って、最終的には、お客様(受け手)のものだと思うんですよね、
こちらが、やれることは全部やりました!と思っても、
なんだかつまらなかった、と感じられる方をゼロにはできないかもしれないけど、
例えば、まあ、いつもどおりソツなくやりました、な回でも、
誰かの人生を変えるようなことも、ないこともないかもしれない。


だから、というか、でも、というか、
私がやれることは、
今日、きちんと疲れを残さないようにして、
明日、寝坊をしないで、
ちゃんとごはんを食べて、
遅刻をしないで劇場に入って、

みんなで稽古をして作ったものを、
大切にラッピングをしてお届けするだけだなあ、と思います。
あとは、感想はお客様のものです。
自由に感じて、自由に思っていただけたら、
それでよいと思います。





さて。


ちょっとだけネタとしては、
昨年の魔笛の衣装が自分史上最も露出だと思っていたのですが、
やや上回る可能性があることがわかった時点から、
今年はプランクというトレーニングを密かに頑張ってきました。
体幹トレーニングとかバランストレーニングにあたると思うのですが、
ほんとはものっすごいくびれるとかいう話なんですが、
そんなにストイックにやらなかったので、
まあその辺はいつも通りということで、
若干のバランスとキレについては、
大いに活かされているとコメントしておきましょう。
オペラで!なぜ!バランスと!キレが!!!



あ、



あと、



超一瞬ですが、



某逃げ恥ダンスが入ってます。




では。




vivo_in_ciel at 20:57|PermalinkComments(0)

2016年12月15日

いよいよ・・・

明日は劇場に入ります。

今日は荷造りなどして、夕方整体に行ってきました。

肩、首を徹底的に矯正してもらい、
北斗の拳の雑魚並みにボキボキいうんですけど、
あれ、何度やってもらっても怖いですね。

おかげでもう眠いです。
今日はよく眠れそう。

明日は寝坊しないようにしないと。


本番の会場に入ってまた明らかになることが
いくつかあると思います。
丁寧に確認して、気持ちは熱く、アタマは冷静に、
いい本番を迎えたいと思います。


当日のご連絡でも構いません。
どうぞご来場ください。

IMG_20160921_0002




vivo_in_ciel at 20:32|PermalinkComments(0)

2016年12月06日

苦手意識と戦いつつ。


サンドリヨンまで2週間を切りました。

残り数日、しつこいほど投稿すると思いますが
あきらめてください。
そしてあきらめて予約をしてください。
よろしくお願いいたします。

今日は、あら通しというものをしました。
自分の演劇経験では、
通しというのは、わりと早い時期で実施され、
もちろんそれは荒削りなものなのですが、
それでも全体像のイメージを持つために、
私はできるだけ早くやりたいタイプなのですが、
オペラの現場、なのか、カンパニーの方針、なのか
わからないけど、ここから畳み掛けるように、
いろいろ、ナゾだったことが、明らかに、なってゆくのですね。


で。


わたくし、とにかく自分の、録音を聞くのはまだ、なんとか、なのですが、
動画を見るのが大嫌いなのですね、記念のdvdはだいたい買いますが、
酔っ払った勢いでしか、見ません。

そんな私が、今日の通しは撮りました(ビシっ
義姉ちゃんズはチームなので、
芝居以前にポジション取りなど、
場当たりの前に把握しておきたいことがあるので、
決死の覚悟です。

ちょっと燃料(アルコール)入れてから見ましたが、
面白かったです(笑
ただ、私の笑いって、なんか、モンティパイソンとかMr.ビーンぽい・・・
お姉ちゃんと、お母さまが美少女&美女なので、
ひとり、おもろいオバちゃんが熱演していて、
そらもう、おもろいのですが(自画自賛)、
ここに妹エッセンスをどう混ぜ込めと。





そんな、


一番下の妹が、けったいなオバちゃんなオペラを作っております。


どこまで、かわいこぶってセーブするか。
ただし最低限の、シリアスの対比としての存在感は全うするか。



まさかの哲学を抱えつつの、あと数日、楽しくがんばりまする。






vivo_in_ciel at 00:43|PermalinkComments(0)

2016年11月25日

三歩進んでなんとやら。

  IMG_20160921_0002

おかーさま役の中村春美さんが
ロイヤルオペラのサンドリヨンのDVD(こちら)
持ってきてくださって、今日は朝から拝見しているのですが、
衣装や美術がシンプルながら美しくて、
一幕から泣いてしまいました。
(ちょっとディズニーの不思議の国の某のデザインを髣髴とさせるような?)

https://www.youtube.com/watch?v=tqWwQpBpfo8&list=RDtqWwQpBpfo8#t=69

オーケストラの音であらためて聴いてみると、
フランス語のオペラなのだけど、
(わたしたちの上演は日本語です^^)
リヒャルト・シュトラウスのような音にも聞こえて、
私たちのサンドリヨンもオケになる日が待ち遠しいです。

自分の進捗としましては、
三歩進んで二歩下がる・・・というか、
もしかして一歩進んで三歩下がっていやしないか、
なんとなく見通しが立ったような気がしていたものも虚しく
ちょっと大き目の宿題をもらってしまったような気がいたしまする。
そして基本的に生きるテンションの低いニンゲンなので、
テンション使い果たして稽古翌日の腑抜けっぷりがハンパない(笑)
足りない。エネルギーが足りない・・・

道化担当なので、悩みながらやるものではないのですが、
テキトーにやればいいものでもないので、
なんとか演出やら指揮やらOKをいただけるようにがんばろうー
なにくそー





vivo_in_ciel at 12:30|PermalinkComments(0)

2016年11月18日

気づき。


先日のスーパームーン。

DSC_7614


トリミング。

supermoon2016

こうしてみると特に明るいとか大きいとかわからなくなってしまうのですが、
手持ち撮影でブレずに1/640秒でシャッター切れたのだから、
やはり明るいんだろうな。


どうも最近はiPhoneのカメラやアプリで事足りてしまうのだけど、
結局のところ、手軽さと、それによる素敵写真が日常にあふれて、
ああ、撮りたいな、と思う、ココロの感度が鈍っているんだろうな、と思います。

写真に限らず、
なんとなく感動の足りない毎日のようにも思うし、
でも一方で、どうも涙もろくて歳だなーとも思うし、
身体にしても、アタマにしても、そしてココロと、
若さを保つこと、歳相応であること、
なんだかバランスをとるのが難しい年頃でございます。


さて、そんなわけで先日は、パーティでの余興、というか
もはや立派なオペレッタ1本上演したような機会がありまして、
オッフェンバックのオペレッタ『天国と地獄』から「ハエの二重唱」という曲を
披露させていただきました。


こんなの。




まあ、ここまでやりませんけどね(^^;

笑いを取るのは慣れて?るんですが、
後半、細かい音をたくさん「転がす」ような歌を、
自分は苦手だと思ってしばらく歌ってこなくて、
今回この曲を指定していただいたとき、
ちょっと怯んだんですね。

まあでも、あくまでお身内の会、ということで、
ご愛嬌で許してもらおうと思って、
たまには試練もいい機会だろう、と、取り組んでみたところ、
ベストではなかったけど、でも、あ、歌えそう、っていう
光明が見えたんですね、


で、同じことを、サンドリヨンでも思っていて、
いや、こちらはご愛嬌ってわけにいかないのですが、
こちらも、最初、自分にとっては難しい音楽だと悩んでいたのだけど、
客観的に考えたりしてアプローチしていくうちに、
いや、むしろ自分の声に合っているし、
合わないと思い込んでいることのほうが、
間違っていたのだと、気づかされて、

「ハエの二重唱」と「サンドリヨン」、
どちらも自分で選んだわけではなく、
いただいたご縁なのだけど、
わたしの声は、こういうのは合うけど、これは合わない、なんて、
可能性を狭めてるバアイじゃないんだ、と
何か意志というか、お導きを感じずにはおれません。
ありがたやありがたや。


IMG_20160921_0002
IMG_20160921_0003



vivo_in_ciel at 13:17|PermalinkComments(0) iPhoneカメラ | D40

2016年10月30日

へとへとー


今日は久しぶりにヤマ場だったなあ。。。


今度の週末、プライベートなパーティでの余興があって、
といっても、なかなかにガッツリ作りこんだ台本と、
新曲を覚えなくてはならなくて、
さんどりよんはさんどりよんで、
とにかく段取りを叩き込む最初のヤマで、
今日は朝から晩までただひたすら何か覚えて、
合間に食べても食べてもお腹が空くという。

最近は盛大に炭水化物を解禁しています>-<
炭水化物はテキメンでお腹周りにくるのですが、
そんなこと言ってる場合じゃない。


わたしは、ひとりで復習してもあんまり覚えられなくて、
稽古することでしか覚えられないタイプなので、
ほんとは毎日リハーサルがあると嬉しいんだけど、
そういうわけにもいかないので、
なんとか集中してがんばろうと思います。。。


さて、そろそろさんどりよんのDMなどしなくては。
ご予約いただけると嬉しいです。
楽しい公演になりそうです。


今夜は飲んでアドレナリンをリセットしたいところだけど、
飲んだらせっかく覚えたことがこぼれてしまいそうで、
なんとなくガマン。
きっと夢でも歌詞と段取り追ってそう・・・・




vivo_in_ciel at 23:41|PermalinkComments(0)

2016年10月21日

てなわけで・・・

さんどりよんは立ち稽古です。

演出の小澤さんは、とにかくまず、片っ端から演出をつけていきます。
今日で半分、伝達されました。次回で基本的なところは全部来るはずです(^^;

もちろん、そこから細かいところ(とか、聞き逃したところとか・・・)を
確認したり、微調整したり、していくわけなのですが、
オペラの場合、役として芝居をする中に、
常に「大事なところは指揮者を視界に入れる」という、
理性なタスクがあって、ちょっと夢中になると、
これがおろそかになることがあります・・・
これが本当に難しいところですが、
オペラは演劇でありながら、やはり音楽、なので、
ここを上手に処理できないと、オペラ歌手はやっていけないそうです。。

指揮者さんと一緒に稽古していても、
ダメ出しされるくらいなので、
指揮がいない日だと、
ついついそれを忘れそうになってしまうのですが、
今日は、演出がついて、指揮者さんもいらしたので、
いつも以上に、その辺をハッキリ意識することができました。
ホント、マネキンとかでいいから、いつも稽古場に置いといてほしい・・・

週明けは残り半分がつきます。
糖分いっぱい摂ってがんばります。




vivo_in_ciel at 22:53|PermalinkComments(0)

2016年10月19日

明後日から立ち稽古!

ヨーグルト菌にも色々あるから、
自分に合う菌を見つけるとよいそうですが、
わたしの腸内フローラは、
納豆キムチが一番効果がでるように思います。

雑談でした。



さて、


3どり4、もといサンドリヨンは、本日音楽稽古最終日でした。
しかし指揮者も演出もいらっしゃらなかったので、
半分自主練だったのですが、
ふだん、directionする人がいると、
どうしても受身な稽古になってしまうのですが、
今日は共演者と細かいところを確認したり、
意見を交換したり、と、
これはこれでよい時間だったように思います。

そして。

音楽稽古は通常楽譜を見ながらその場でただ歌うのですが、
いよいよ明後日には立ち稽古を迎えるにあたり、
今日残った時間で暗譜確認も兼ねて、
即興立ちつき演奏が始まりました!

こういう時間がいちばん楽しいんだよねー


あとは正式(?)に演出がついて、
もちろんスクラップ&ビルドはあるものの、
限られた時間で固めていかなくてはならないので、

今が一番自由で、
無責任でいい、というと乱暴かもしれないけど、
とりあえず面白そうなことを放り込める、
いちばんいい時期なのでしょう。

アンサンブルっていうのは、
自分のピースだけ覚えればいいというわけにはいかないので、
まだまだ暗譜が不十分です。


表向きそんなに忙しくはないのだけど、
さりげなくクローズドな案件も並行していて、
11月あたままでは、少しマジメに暗記作業をしないとな・・・・



vivo_in_ciel at 23:24|PermalinkComments(0)

2016年10月07日

ゼロになる身体 充たされてゆけ


iPhoneで、もう少し広角で撮りたいなと思うとき、
最近パノラマを活用してみています。


通常ヨコ向きに使うのが多いと思うのですが、



8df626d3.jpg



17fe3263.jpg



ためしにタテも



2234a796.jpg






9f215318.jpg


まあ、自然、とは言いがたいけども、
とりあえずその時感じたイメージは保存できるかなーという感じです。



さて、


オペラとか芝居の稽古に入ると、
なんだか情緒不安定になるのですが、
シンデレラの義姉たちなんて、
そんなに込み入った感情の流れなんてなさそうなのに(笑)
それでも作品や音楽に触れて、
みなさんと稽古場を共にするだけで
心が動くのだから、
トスカだの蝶々さんだのを通してやる人たちや、
同時期に色んなキャラクターの稽古を抱える人たちは
日常生活破綻しないのか心配です。


ヘングレやったときは、直後のコンサートのドレスがなんとなく似合わなくなったし、
魔笛の侍女をやったときは、なんとなくツンケンしてた気がします。



それでいくと、今年は・・・・キャピキャピ・・・・か・・・も・・・



どうもそんな自分を受け入れ難くて、
それもあって早くも情緒不安なのかも(笑



あとは、こうしてたくさんの音楽家さんたちと関わると、
自分の勉強不足を毎回痛感するので、
稽古自体はとても楽しく刺激的なのだけど、
役としてのキャラクターじゃなくて、
稽古場にいるわたし、というキャラクターの位置づけに戸惑って、
どうも挙動不審になっております。。。。
そもそも、自分のキャラ設定、とかいう時点で、
だいぶビョーキなのですが。


上手い人、そしてたくさんたくさん努力している人に触れると、
自分がいかに空っぽか、丸裸にされて、
もっと上手くなりたいなー、あー、でもそうすると、
もっともっと努力しなきゃならないなー、辛いのはやだなー、と
あうーあうーと悶えています。

そんなわけで、ひっそりとジタバタしておりますが、
なんとか、そんなハダカにされた空っぽのわたしを、
充たしてゆこうとおもうのでした・・・


きゃぴきゃぴ・・・・で??????




そのうちDM攻撃をさせていただきます。
一日も早くチケットを売らねばならないのですが、
立ち稽古に入って、こんな感じの作品になるのね!という
イメージが湧いてから、心を決めてご案内をしたいと思っています。




あ、
12月17、18日です






vivo_in_ciel at 12:10|PermalinkComments(0) iPhoneカメラ