2017年07月10日

秘密工作員スミコ

IMG_9160



合唱のトラでオペラに出てきました。


ま、単純にちゃんと歌いさえすれば、
お役目として十分なのですけどね、
いつものお節介癖が出て、
あれこれ意見したり、仕切ったりしてきました。
なんだコイツと思ったかたも、
煙たく思ったかたもおられるかと思いますが、
他方、オペラへの参加が初めてのかたも多く、
そういう環境で私みたいなのが好き勝手やってると、
アマチュアさんといっても、
そもそもオペラに出ようなんていう自発性があるわけで、
ちょっと刺激してみると、
どんどん動きにも表情にも変化があるものです。
小屋入りしてからの、
衣装やメイクのバージョンアップ具合とか(笑)
だってみんな女の子だもの〜
そういう、中からちょいちょいイジる、
隠密活動としての、トラだと自負して臨みました。


ソリストや音楽スタッフには知り合いも多く、
オケにも、いつもお世話になっているエルデのメンバーさんがいらしらたりして、
嬉しい再会でした😊

ソリストにしか見えない景色に憧れないわけではないけど、
アンサンブルはアンサンブルで、
こちらにしかない景色、
ここでしか得られないものも確実にあって、
自分はこのポジションが向いている、と、
今回も改めて実感しました。


とはいえ、なんにつけ、武器は磨き続けなくてはなりません。
なにせ色々なことが遅いので、
あまりレベルの高いところには行けないかもしれないし、
まあ、いくつまで歌えるかわからないけども、
少なくとも去年の自分、昨日の自分より、
1ミリでも高く、遠く、広いところにいけたらいいな。


というわけで、パンフレットの名前が違っていたのは、
隠密ゆえ、ではなく、ミスプリです(笑)




vivo_in_ciel at 16:10|PermalinkComments(0)

2017年06月22日

デリバリーコンサート。

d9dbb89e.jpg



てなわけで、1時間弱、10曲の弾き語りコンサート、
なんとか無事に。


ごく普通のお家でのコンサート、お客様も多くはありませんが、
最高齢96歳、転倒などの懸念から、ケアマネージャーさんに
外出を禁止されている中の決死のご来場、ありがたいことです。

心づくしのおもてなしの数々、
帰りにはお庭に咲いた紫陽花を持たせてくださったり、
どんな大きなコンサートよりも豊かな時間だったようにも思います。



どうもここ最近、長年の不勉強が祟って、
演奏の仕方に自信をなくしていたのですが、
今年はココロを入れ換えて、色々と助言をいただいたり、
自分なりに見つめなおしたりという時間をかけることで、
ヘタクソなりに方向が見えてきました。


声楽弾き語り、という、イレギュラーすぎる環境ではありましたが、
一通り歌うことができて、ある程度形になったのでホントよかった・・・


あとはそういう言い訳のきかない、
本当に声一本で勝負という場所で、
もう少し、納得いけるように、
またがんばろうと思いました。


とはいえ、今週末はピアニスト現場、
そして来月にかけてオペラの合唱と、
相変わらず神出鬼没、フラフラしていますが、
本筋を見失わず、声がかかればどこへでも。
できることからコツコツと!



vivo_in_ciel at 15:23|PermalinkComments(0) iPhoneカメラ 

2017年06月16日

どこへでも行きます!

昨年、やっぱり今頃の時期だったかな、
あるお宅へ伺って、出張コンサートをしました。

というのも、足を悪くされて、
おでかけするのが難しくなってしまったマダムで、
私のことを応援したいけれども伺うことができないのよ、と言うので、
ほんじゃこっちから伺いましょか?と言ったら
大変喜んでくださって、
急な会だったこともあって、私が一人で乗り込んで、
弾き語りをすることになったわけなのですが、
歌えるもの、かつ、弾けるもの、それも、同時に。
となるとなかなか限られてくるので
どうなるかと思ったのですが、
ombra mai fuだとか唱歌だとか、
そんなのを盛り込んでなんとか仕上げたものでした。


で。


またやって欲しい、前回よりもたくさんご近所にも声をかけるから。



とのことで(笑)鋭意準備中なわけで。


声楽の弾き語りというのは、
決してよいコンディションで歌えるものではないので、
なかなか難しいことなのですが、
そんな演奏でも喜んでいただけて、
また聴きたいと言ってくださるなら、なんとかお応えしたいものです。


そんなクオリティの演奏ですし、
仕事っていうより、知り合いのお家遊びにいって、
お茶いただくお礼にちょっと歌うみたいな気持ちでやっているので
今のところボランティアでやっているわけですが、
たとえば頭を下げてお願いしたら、
ボランティアベースにおつきあいしてくださるピアニストさんはいると思うし、
たとえば私がギャラをお支払いして連れていくことだって可能なわけですが、
もう少し、長い目、広い視野で考えると、
こういう活動をきちんと形にして、黒字で運営していくことみたいなことを
考えないといかんなーと思ったりしています。


もちろん、決して「タダでやってくれるんでしょ?」という
ふんぞり返ったブラッククライアントさんではないので、
その辺のことも少しずつご相談しつつ、
長い会になっていったら嬉しいなあと思います。




vivo_in_ciel at 21:43|PermalinkComments(0)

2017年06月11日

カメラ、拗ねる。

先日、
ストロベリームーンとかいうのが見られるという話をきいて、
前夜に、久しぶりにカメラを手にしたところ、
(結局のところお天気に恵まれず見られなかったのだけど)


ズームレンズが焦点合わせようとする際、



キュキュキュー・・・・



と、変な音を立てるうえに、
うまくフォーカスが合わないご様子。


あまりに放置してしまったせいで、
レンズ壊れたかも!!!と焦ってみたり、
色々調べるうちに、
いや、本体の異常の可能性も??と思ったり、
かなり慌てたのですが、


ふと、


レンズとカメラの接合部あたりを重点的に、
ブロワーでちょこっとお手入れしてみたら、




なんか、直ったぽい。



でも、夜中の室内でテスト撮影をしても、
暗いせいか、手ブレのせいか、
はたまたやっぱり不具合なのか、判別しかねたので、


久しぶりにカメラ持ってお出かけしてきました。
なんとなくジャスピンじゃない気もするけど、
元々こんなだったような気もする・・・
つまり、私レベルの判断では、
いつも通りっていう感じ。


とりあえずよかったよかった。


ちゃんと使ってあげなくちゃ。
せめて、定期的にお手入れしてあげなくては。


ゴメンよ。カメラ。

ちょっと買い換えたいとか思ってほんとゴメン。



_DSC0417

_DSC0421

_DSC0433

_DSC0432

_DSC0441

_DSC0444

_DSC0448

_DSC0449


vivo_in_ciel at 20:38|PermalinkComments(0) D90 

2017年05月22日

「面白かったです(笑)」

昨日は内輪の会で、
ボエームの重唱を歌わせていただいたのですが、
タイトルは、みなさまからいただいた感想の第一声でした。


ボエームで笑いをとるソプラノ、しんどーです^^


もちろん歌そのものは、真剣です。
でも、こうしてみなさんに笑ってもらうのが、
一番嬉しい瞬間かもしれません。


まあ、長いおつきあいのお仲間の会だったので、
このような暖かい雰囲気で笑っていただけたけど、
まだまだ外へ、そして高いところを目指して、
もうちょっとだけガンバロウと、
感謝をこめて、あらためて思った一日でした。


シンドウさんて、お笑いじゃない演技も(演奏も)できるんですね、
って、言っていただけるようになるぞ。おー!


ん????







vivo_in_ciel at 22:05|PermalinkComments(0)

2017年05月14日

置かれた場所で咲きなさい

こんなにヒマだヒマだ言ってたのに、
まさかの日程被りで、ありがたいお話を
お断りしなくてはならないことがありまして。

昨日も明日も空いていても、
同じ日程の本番が重なったら、
どうしても選択をしなくてはなりません。
それが、このデジタル、あいてぃー、エーアイの時代に、
生身の自分でお仕事させていただく宿命なのですが。


いやしかし、タイミングって大事だし怖い。


欲しくて欲しくて仕方ないお話にさっくり振られる一方、
ほんの数日前だったらお引き受けできたものが、
うおー、なんでこのタイミングでー!と思うのですが、
このタイミングだからこそ、
そういうご縁だったのだろうなあと思います。



とても残念な気持ちは拭えませんが、
『置かれた場所で咲きなさい』
この言葉を噛みしめて、
本当に必要なご縁なら、必ず次があると思って、
もしかしたら神さまが、オマエにはまだ早い、と言ってるのかもしれないし、
わざわざこんなタイミングで悔しい思いをすること自体が、学びなのだと思うし、
いまあるご縁を大切に、ひとつひとつ、
最善を尽くしていこうと思います。








vivo_in_ciel at 20:11|PermalinkComments(0)

2017年05月05日

当時17歳。

昨日は、あるミュージカル作品を取り上げた
ワークショップを開催していただきました。

といっても、そんな小難しい会ではなく、
その作品を大好きなメンバーが集まって、
好きな曲を歌いまくろう、という趣旨で、
市販の楽譜にないような、少しマニアックなシーンに取り組むことになり、
楽譜を作ることになったわけです。

私はこの作品を、高校生のときに文化祭で上演していて、
当時の資料が出てきたんですけどね、
そう、当時、四半世紀も昔になってしまった。。。
今みたいに楽譜作製ソフトなんてないので、全部手書き。
細かい演奏記号まで丁寧に書き込んであって、
いやー、
あの頃の情熱や集中力はいったいどこへいってしまったのだろう。
最近でも楽譜を作ることはあるけども、
ここまで音源聞き込んで譜おこしをするのは久しぶりで、
当時17歳の自分との不思議な邂逅となりました。



でも一方、今回あらためて音源聞きなおすと、
当時聞こえなかったパートや歌詞が聞き取れて、
まだまだ若いモンには負けないぜ、という気持ちにも!



ま、私が成長した、というようり、
当時よりいいヘッドホン使ってるおかげもあるんですけどね。









結構な大曲だったので、
ほんのとっかかりまでしかできなかったので、
2回目、3回目と続くことを願うばかり。
ほかにもやりたいシーン、たくさんあるし!




vivo_in_ciel at 09:46|PermalinkComments(2)

2017年04月10日

誰に喜んでいただくものなのか。

昨日、知人の出演するコンサートを聴きに行ってきました。

そのコンサートはアマチュア、といっても
ハイアマチュア、あるいはセミプロといえるような方々を中心に、
数名のプロも出演の、聴き応えのある会だったのですが、
演奏中に客席から舞台の写真を撮るお客さんがおられまして、
それもスマートフォンで撮るものだから、そこそこシャッター音がするわけで。
私が気がつかなかっただけかもしれませんが、
開演前に写真お断りのアナウンスや掲示はなかったように思いますし、
ダメと言われても、カーテンコールくらい撮りたくなってしまう気持ちも
わからなくもないのですが、
そういうレベルではなくて、最初から最後まで撮っておられました。

それでも、商業公演ではなく、
まあ、なんというか、お身内の会、
そういうお客さまがいるのも仕方ないものかなー、と
あまり目くじら立てるものでもないかなと思っていたのですが、
今日、フェイスブックで、
ある出演者さんが、角度的におそらくそのお客さまが撮ったであろう
写真を使った投稿をされていて、しかもその投稿主は、プロの声楽家さんなのです。

ちょっとショックでした。
あたたかいコメントやいいね!が楽しみな気持ちもよくわかります。

でも、

その「いいね」は、お金も時間もかけて、
当日、会場に足を運んでくださった、
一番大切であるはずのお客様の「不快な思い」の上にあるということを、
ご存知なのでしょうかね。



なんだか少し哀しい気持ちになったのと、
私だって、時には良かれと思ってのことが、
マナー違反になることをしてしまうかもしれないと、
改めて大切なことを考えさせられた出来事でした。






vivo_in_ciel at 23:58|PermalinkComments(0)

2017年02月27日

お伊勢参り。

DSC_7716



行こうと思ってもなかなかチャンスがなく、
無理せず自然とチャンスを待とうと思うと、
成り行きで行くことになり。


何か変わるため、ではなく、
今までどうしたって機会がなかったのに、
行く流れになること自体、
なにかがもう変わっているのだと思う。

だからなんだか特別なお願い事をする気にならず、
いずれも「ようやく来られました。ありがとうございます。」と
ご挨拶するばかり。


華美な装飾や色彩の一切ない、シンプルな社殿。

それも、正面からはほとんど見ることができず、
ただただ静かにそこにあるだけ。



私といえば、思えば正月太りを解消できておらず、
とどめの伊勢うどんでただただ肥えてゆくばかり。

でもおかげで、今年はまだ風邪をひいていないし、
息の調子もすこぶるよろしい。



これもまた春までは、なりゆきにまかせておこうと思う(←いいわけ)


DSC_7725


DSC_7729


DSC_7733


DSC_7730


DSC_7732


vivo_in_ciel at 21:19|PermalinkComments(0) D40 

2017年02月07日

ご無沙汰しておりまする。


月イチ更新になってしまいました・・・(^^;

ブログはPCから投稿しているのですが、
スマホやらタブレットで事足りてしまって、
PCを立ち上げる機会が減ったものですから・・・汗


というわけで、元気です!


ここのところどうもうまく歌えなくて悩んでいたのですが、
解決の方向が見えてきたので、だいぶヤル気も戻りつつ。
知らず知らずのうちに、自己流になってしまうものですね。


最近はレッスンやらオーディションやら試唄会などの機会を
積極的に受けてみたりなんかしています。
もちろんいい結果が出たらそれがいいけども、
なんていいますか、「恥をかくことに慣れる」キャンペーンみたいなかんじです。


身体もすぐ硬くなりますが、
アタマやらココロもリキまず、
ぐにゃぐにゃしていたいものです。






vivo_in_ciel at 22:49|PermalinkComments(0)