2005年11月13日

リード力開発道場

ナゾなタイトルですが、
昨日演奏をさせていただいたパーティの名前です。

「りーどか」ではなく、「リード・力」です。りーどりょく。
読みづらいっちゅーねん。

要するに、社会の経営者の皆様に、
リードする力を考え、学んでもらおうという
研究会のようです(私はそういうことだと理解した)

そのセミナー&レセプションで、
いつもお世話になっているボーカリスト堀澤麻衣子が
パフォーマンスをするということで、
コーラスにお呼ばれ。

短い演奏でしたが、
立食パーティの中、ひな壇の上で歌うというのは
なんともフシギな体験でした。

ザッツ営業。てかんじで。

キーボード安斎さん、スパニッシュギターの衣川さんは
二度目の共演、どちらもセクシーな演奏と
あたたかい人柄で、久しぶりにお会いできて
嬉しかったですキラキラ

もう一人のコーラス、梨絵ちゃんも、
初対面ながら、人見知りせず接してくれて
控室も大盛り上がりで楽しめました。

こういった宴会場は歌いにくい印象だったのですが、
こちらは天井も高く、マイクも自然で、歌いやすかったです音符

at 09:14|PermalinkComments(2)

リード力開発道場

ナゾなタイトルですが、
昨日演奏をさせていただいたパーティの名前です。

「りーどか」ではなく、「リード・力」です。りーどりょく。
読みづらいっちゅーねん。

要するに、社会の経営者の皆様に、
リードする力を考え、学んでもらおうという
研究会のようです(私はそういうことだと理解した)

そのセミナー&レセプションで、
いつもお世話になっているボーカリスト堀澤麻衣子が
パフォーマンスをするということで、
コーラスにお呼ばれ。

短い演奏でしたが、
立食パーティの中、ひな壇の上で歌うというのは
なんともフシギな体験でした。

ザッツ営業。てかんじで。

キーボード安斎さん、スパニッシュギターの衣川さんは
二度目の共演、どちらもセクシーな演奏と
あたたかい人柄で、久しぶりにお会いできて
嬉しかったですキラキラ

もう一人のコーラス、梨絵ちゃんも、
初対面ながら、人見知りせず接してくれて
控室も大盛り上がりで楽しめました。

こういった宴会場は歌いにくい印象だったのですが、
こちらは天井も高く、マイクも自然で、歌いやすかったです音符

at 09:14|PermalinkComments(2)

2005年11月11日

宮城合奏団演奏会

cbc1448b.jpg

昨日は合唱の仕事でイイノホールへ。

何度か聴きにいったことはあったものの、
ステージに立つのは初めて。
歌いにくいと言われているホールでしたが、
仕事の内容と併せて、ここで歌えるのを楽しみにしてました。

さて、

今回の楽曲はなんと邦楽器のオーケストラ。
お正月におなじみ、「春の海」の作曲者、
「現代邦楽の父」と称される宮城道雄によって
創設された合奏団で、宮城の作品ばかりのプログラム。

私たちはその中の1曲、
筝(琴)、絃(三味線)、尺八といった邦楽器をメインに
胡弓やフルートといった異国の楽器もおりまぜ、
そこに声楽の合唱が参加する、という
邦楽にまだまだ抵抗のあるワタシにも
十分楽しめる作品。

舞台を埋め尽くすほどに勢揃いの合奏団は
なかなか圧巻ですよ。

まあ、邦楽の音感、発語、リズム感に
とまどうことしばしば。
最終稽古でやっとコツを掴み始めた、ていうところで
現場リハーサルになってしまったけど、
本番はなんとか形になったような。

得るものの多い仕事だったなー。


at 09:05|PermalinkComments(0)

宮城合奏団演奏会

1ffa7cd6.jpg

昨日は合唱の仕事でイイノホールへ。

何度か聴きにいったことはあったものの、
ステージに立つのは初めて。
歌いにくいと言われているホールでしたが、
仕事の内容と併せて、ここで歌えるのを楽しみにしてました。

さて、

今回の楽曲はなんと邦楽器のオーケストラ。
お正月におなじみ、「春の海」の作曲者、
「現代邦楽の父」と称される宮城道雄によって
創設された合奏団で、宮城の作品ばかりのプログラム。

私たちはその中の1曲、
筝(琴)、絃(三味線)、尺八といった邦楽器をメインに
胡弓やフルートといった異国の楽器もおりまぜ、
そこに声楽の合唱が参加する、という
邦楽にまだまだ抵抗のあるワタシにも
十分楽しめる作品。

舞台を埋め尽くすほどに勢揃いの合奏団は
なかなか圧巻ですよ。

まあ、邦楽の音感、発語、リズム感に
とまどうことしばしば。
最終稽古でやっとコツを掴み始めた、ていうところで
現場リハーサルになってしまったけど、
本番はなんとか形になったような。

得るものの多い仕事だったなー。


at 09:05|PermalinkComments(0)

2005年11月03日

越前牛乳

以前記事にも登場した発砲B-ZINの役者さん、森貞くんが
手付けのみで参加している公演を観に。
これはなかなかすごいことですよ。
発砲のベテラン役者さんを、
出演なしで、殺陣師としてのみの依頼なのですから。
失礼しちゃうわ!ととるか、
殺陣師として確立しつつある、と喜ばしいことととるか。
私は後者でとっていいと思っています。

さて、劇団カムカムミニキーナの15周年記念公演だそうで。
カムカムというのは、今をときめく八嶋智人さんが
看板俳優であることくらいしか知らず、今回初見。
作品は再演ということですが、
ハイジが出てきて、上杉謙信がでてきて、
言葉遊びがたくさんちりばめられていて、
なんだかもう、大騒ぎなこの感じ、
よくも悪くも、学生演劇を思い出したり。
内輪ウケ的悪ふざけが若干すぎた気もしますが、
2時間半の長丁場、中だるみなく走りきった
みなさんのスタミナには感服いたしました。

さて、サダくんの仕事っぷりですが、
これまた見事な手付けでした。
ムダなく、とても整理された、
かといってこじんまりするでもなく、
とても丁寧に仕組まれた殺陣に
なっていたと思います。

後半クライマックスで、八嶋さんの見せ場が
あるのですが、薙刀、槍、二刀、と
次々と武器を持ち替えながら
きちんとおさまりをつけるのは
けっこう大変だったことでしょう。

たくさんシーンがあったわけではないけど、
贅沢なシーンに仕上がっていたと思います。

その手をきちんと、かつ派手にこなしていた
カムカムの役者さんも、見事だったと思います。




at 23:44|PermalinkComments(0)

越前牛乳

以前記事にも登場した発砲B-ZINの役者さん、森貞くんが
手付けのみで参加している公演を観に。
これはなかなかすごいことですよ。
発砲のベテラン役者さんを、
出演なしで、殺陣師としてのみの依頼なのですから。
失礼しちゃうわ!ととるか、
殺陣師として確立しつつある、と喜ばしいことととるか。
私は後者でとっていいと思っています。

さて、劇団カムカムミニキーナの15周年記念公演だそうで。
カムカムというのは、今をときめく八嶋智人さんが
看板俳優であることくらいしか知らず、今回初見。
作品は再演ということですが、
ハイジが出てきて、上杉謙信がでてきて、
言葉遊びがたくさんちりばめられていて、
なんだかもう、大騒ぎなこの感じ、
よくも悪くも、学生演劇を思い出したり。
内輪ウケ的悪ふざけが若干すぎた気もしますが、
2時間半の長丁場、中だるみなく走りきった
みなさんのスタミナには感服いたしました。

さて、サダくんの仕事っぷりですが、
これまた見事な手付けでした。
ムダなく、とても整理された、
かといってこじんまりするでもなく、
とても丁寧に仕組まれた殺陣に
なっていたと思います。

後半クライマックスで、八嶋さんの見せ場が
あるのですが、薙刀、槍、二刀、と
次々と武器を持ち替えながら
きちんとおさまりをつけるのは
けっこう大変だったことでしょう。

たくさんシーンがあったわけではないけど、
贅沢なシーンに仕上がっていたと思います。

その手をきちんと、かつ派手にこなしていた
カムカムの役者さんも、見事だったと思います。




at 23:44|PermalinkComments(0)

2005年10月31日

出演情報

宮城道雄という作曲家をご存知ですか。
実は私は知りませんでした困った
でもお正月にはおなじみの「春の海」の作曲者といえば
おわかりになるのでは?

さて、この宮城道雄の音楽を継承している
宮城合奏団の演奏会に出演します。

琴や三味線のオーケストラを伴奏に、クラシックのコーラス。
なんとも興味深い取り合わせです。

今日もリハーサルだったのですが、
西洋音楽とはちょっと違った間の世界。
とても楽しい経験になりそうです。


at 22:52|PermalinkComments(0)

出演情報

宮城道雄という作曲家をご存知ですか。
実は私は知りませんでした困った
でもお正月にはおなじみの「春の海」の作曲者といえば
おわかりになるのでは?

さて、この宮城道雄の音楽を継承している
宮城合奏団の演奏会に出演します。

琴や三味線のオーケストラを伴奏に、クラシックのコーラス。
なんとも興味深い取り合わせです。

今日もリハーサルだったのですが、
西洋音楽とはちょっと違った間の世界。
とても楽しい経験になりそうです。


at 22:52|PermalinkComments(0)

インファナル・アフェア3

これまたDVDにて。

いつだったかふと第1作を観てハマったんだよね。
香港映画といえば、ハチャメチャなギャグ、アクション
という偏見があったのだけど、
これはとてもオトナの映画。香港ノワールというものが
こんなにも重厚な世界観だというのを痛感した一作。

その第3作目となるインファナル・アフェア?

なんだか?、?にも増して、難解な構造で、
はっきりいって半分くらい理解できず困った
ただ、詳細はわからなくても、
伝えたかったことは十分感じられたので、
細かいことは、何度も何度も見ればいいや、
という気分。

ああ。アンディすてきだわあハート矢

そんなDVDを観終わったら、ちょうどテレビで
LOVERSを放送。
図らずもアンディ祭な夜になってしまった。

これはその前のHEROにいたく感動し、
ちょっと興味もあったのだけど、
テーマが愛、ってなんかカユイ気がしていて
見逃していた。
まあ、テレビ放送ということで、だいぶカットされたようだが
あいかわらず映像の美しさは文句なしだったが、

で???

という感も否めず。
日本語も話せる金城武が中国語で演技していて
それに日本人声優が声をあてているのは
なんともフシギな感じ。

チャン・ツィイーは
正直どうも好きになれないのだけど、
さすがにこれはキレイだなーと
思いました。ハイ。

竹林での戦闘や、チャンの設定など
グリーン・デステニーを彷彿とさせなくもないが、
ワイヤーの不自然さは、HEROより少なかったかも。


at 22:29|PermalinkComments(0)

インファナル・アフェア3

これまたDVDにて。

いつだったかふと第1作を観てハマったんだよね。
香港映画といえば、ハチャメチャなギャグ、アクション
という偏見があったのだけど、
これはとてもオトナの映画。香港ノワールというものが
こんなにも重厚な世界観だというのを痛感した一作。

その第3作目となるインファナル・アフェア?

なんだか?、?にも増して、難解な構造で、
はっきりいって半分くらい理解できず困った
ただ、詳細はわからなくても、
伝えたかったことは十分感じられたので、
細かいことは、何度も何度も見ればいいや、
という気分。

ああ。アンディすてきだわあハート矢

そんなDVDを観終わったら、ちょうどテレビで
LOVERSを放送。
図らずもアンディ祭な夜になってしまった。

これはその前のHEROにいたく感動し、
ちょっと興味もあったのだけど、
テーマが愛、ってなんかカユイ気がしていて
見逃していた。
まあ、テレビ放送ということで、だいぶカットされたようだが
あいかわらず映像の美しさは文句なしだったが、

で???

という感も否めず。
日本語も話せる金城武が中国語で演技していて
それに日本人声優が声をあてているのは
なんともフシギな感じ。

チャン・ツィイーは
正直どうも好きになれないのだけど、
さすがにこれはキレイだなーと
思いました。ハイ。

竹林での戦闘や、チャンの設定など
グリーン・デステニーを彷彿とさせなくもないが、
ワイヤーの不自然さは、HEROより少なかったかも。


at 22:29|PermalinkComments(0)