2018年06月11日

池上彰の現代史を歩く


ゆうべ池上さんの番組で、中東エルサレムを取り扱っていました。

http://www.tv-tokyo.co.jp/ikegamiakira/180610.html


信仰を立てている、というほどではないけれど、
一番関わりの長い宗教といえばカトリック、な私にとって、
エルサレムは馴染みのある?街なわけですが、
同じように、ユダヤ教の人にとっても、イスラム教の人にとっても、
非常に思い入れのある聖都であり、長く引き裂かれ、混乱の中にある街です。
しかし宗教的には不思議な共存を見せている、不思議な街のようにも思います。


ちょうど、いま、私はNabuccoというVerdiのオペラに関わっていて、
まさにバビロニアがエルサレムを侵略し、
大勢のユダヤ人が捕虜としてバビロンに連行されるという内容の作品です。

また、このオペラが書かれた時代、イタリアもまた長く分割支配され、
統一国家としてのイタリア王国を夢見てきたイタリア人だからこそ、
この作品が熱狂的に受け入れられたそうです。

池上さんの番組中では繰り返し、エルサレムの紛争は宗教の対立ではなく、
あくまで土地の話、政治的な問題、というようなコメントがあったと思うのですが、
だったらなおさら、なんかこう、うまいこと折り合いがつかないものかなーと思いました。

聖墳墓教会があって、嘆きの壁があって、岩のドームがあって、
それでそのままみんなが共存できる道はないのかしらね。


紀元前500~600年頃のナブッコの時代
1842年、オペラNabuccoが生まれた時代
1942年、アンネ・フランクの時代、
そして2018年のいまに至るまで、
生まれた土地を追われ、命を奪われ、自由を求め、
故郷を焦がれる人々が絶えないのはなぜなのだろうなあ。


ついでに思い出したのが、
20歳の頃、わたしは「サラエボのロミオとジュリエット」と呼ばれた、
あるカップルの悲劇を取り扱ったお芝居をやったのですけども、
これもまた1993年、サラエボ紛争のなか、
安息の地を求めて逃避行を計り、ある橋の上で銃弾に倒れた人間のお話でした。
私はこのカップルの片割れの女性役で、
脚本の構成上、一回の本番で2度死ぬ場面があって、
トータル10回だか14階だか死んだはずで、
なんか、すごく気持ちをひきずる作品でした。


Nabuccoというオペラは、そう何度も上演に関わることはないであろう作品で、
たまたまのご縁がなぜにこの作品???とも思ったのですが、
昨日の番組を見ていたら、何か巡りあわせのようなものも感じたり、
あと数少ない稽古、va pensiero に対する思い入れも少し変わるかもしれない、と思います。




ac256b93.jpg



vivo_in_ciel at 22:25|PermalinkComments(0)

2018年06月02日

オペラに殺陣を入れません?


久しぶりに和太刀の公演を観てきました。

和太刀というのは、私が以前参加していた殺陣の稽古会なのですが、
「仲間です」なんて、もうとても言うのが憚れるくらい、
みんな本当に進化し続けていて、
色んな気持ちの涙がこぼれました。

刀って、たしかに人を殺めたりする、殺戮の道具なのだけど、
「魔を断つ」とか「清める」という存在としての刀のような表現もあって、
虚構でありながらそこにあるのはリアルな生き様、在りようで、
観ているこちらまで背筋が伸びて、
清々しい気持ちになるようです。

はー。
オペラで殺陣やれないかなー。
あったとしても女にはそんな役こないかー。

殺陣とかチャンバラと聞くと、
声楽的な身体の使い方と相反するように思うかもしれないのだけど、
そういう部分もあるかもしれないけど、
昔の日本人は武士だろうが農民だろうが、
体幹を使って生活していたそうで、
つまり昨今流行のインナーマッスル、
私たちのご先祖の多くが当たり前のように体得していた仕組みで、
きっと声楽にもオペラにも活用できる技術だと思うんだけどなあ。


まあ、刀は振ってないけど、
わたしが舞台にたつ「ありかた」の多くは
殺陣から学んだ、と言えます。
なので、ひろーい意味では、
私は舞台で殺陣をやっている気持ちなのかもなー。


さて。
主宰の清水せんせー。
最近は2.5次元系のステージでご活躍です。
ふだんあんまりこういうツーショットとか撮らないから新鮮^^
IMG_0558

そして和太刀のツートップ、由里ねーさん。
わたし、黒いワイドパンツはいていたので、
心なしか私も袴つけてるみたい。
IMG_0557


わたしもガンバロウ。
どんな現場も、体幹使って、空間感じて、
「死に間」を作らず、
「生きてる」表現を目指すのだー




vivo_in_ciel at 22:44|PermalinkComments(0)

2018年05月17日

はかどるはかどる。


どうもここ数年、季節の変わり目あたりに
決まって扁桃腺を腫らすようになってしまって、
なんでしょう、幼児退行でしょうか。
先週、電車内が信じられないくらい冷房が効いている日があって、
あれが原因に違いないと疑っております。

ただ今回は声帯のほうへは広がってきていないので、
それは不幸中の幸いというか。今のところ、ですけども。
その代わり、リンパ節も腫れてしまって、
まったくやつれた見た目になりません。
あと、やばい!と思ってスケジュール見たら、
ほとんど調整不要、つまりほぼ真っ白だったのにはビックリ。
おかげで、これでもか!と静養できております。

さて、何度もカゼをひく、唯一のいいことは、
経験則が充実すること、といいますか、
過去の失敗をふまえ、


「炎症のあるうちは、そろそろ歌えるんじゃない?とか絶対に思わない」
「む?もしやこれはカゼ?と思った瞬間から徹底的に禁酒」
「とにもかくにも安静。睡眠」(←これは上記の通り簡単に成功。)


などなど、いくつか心がけたところ、
いきなり熱が出て驚いたわりには、
順調に快方に向かっているように思います。

あと、思うところあって薬も飲んでません。
かかりつけ医には相談したんですけどね。
「薬出す?」「あー、いや、大丈夫です」「あ、そうー」みたいな。

で。

ずーっと家にいるとヒマなわけで、
お酒も、眠くなるような薬も飲んでないので、
そうそうベッドにもいられなくて、
寝込むほどダルかったのは初日だけだったので、
あとはただただヒマで。

かといって扁桃腺とリンパ節は腫れてるわけなので、
譜読みをしたり、音源聴いたり映像見たりするのはちょっとしんどいわけです。
つくづく喉って、実際に声を出していなくても、
「音」をなぞるだけで反応しているんだなあと思います。


そうすると、あと活動できるのが、掃除とか模様替えしかなくて、
なんか、久しぶりにあちこちお手入れしてしまった。。。
最終的にキッチンはこのくらい片付いてしまいました。
みなさん、普通にこんな感じなのかもしれないけど、
いや、私もそれなりには整理してるつもりだけど、
もうちょっと調理器具とか調味料とか出てたのですが、
限りなく片付けてしまいました。



f2562fd7.jpg


さて、そんなスケジュールの白い私ですが、
明後日はいつもの非公開パーティのお仕事です。
今回はミュージカルが中心のショウのヨカン。
そして、そして、久しぶりにあの役も登場。

あと一日、しっかり寝て、治さねば。



あ、

扁桃腺、40も過ぎてから知ったのですが、
どうもわたし、もともと人より扁桃腺が大きいみたいで、
まあ、人と扁桃腺の大きさ比べることなんてまずないから
知るよしもないわけですけどね、そんなだし最近良く腫れるし、
これもしや手術して取っちゃったほうがいい感じ??とも思うのですが、
やっぱり声に関係しそうな器官に関しては、慎重になります。
おまけに10日近く入院しなきゃいけないらしいとか、
術後すんごい痛いらしいとか、お金かかるらしいとか、
いいこと何にもなさそうなので、今のところ見送りなのですけどね。

はー。
つまり、気をつけるしかない、と。


ふう。



vivo_in_ciel at 23:35|PermalinkComments(0)

2018年05月06日

愛を配る家。

ae5d22b4.jpg

ゴールデンウィークのとある日のこと、
今年になってお近づきになったアーティストさんのご自宅で
日の高い時刻からホームパーティでした!

間取り、家具、食器、お料理、おもてなしのすべてに
こだわりと美意識が感じられ、
かといって堅苦しく、こちらを緊張させるようなものではなく、
家中からお料理から、すべてからその方のお人柄と同じく、
あたたかく迎えていただき、本当にシアワセな時間でした。
あそこ、ちょっとしたパワースポットなんじゃないかな・・・

翻って自分を省みるに、色々と反省したり考えたりしましたが^^;
言葉にするとだいぶゲスいのだけど、
「お金持ちになりたい」と思いました(笑
高いもの、偉そうなものに囲まれたい、ということじゃなくて、
お金にしろ、気持ちにしろ、健康にしろ、
まず自分が満たされて、豊かであればこそ、
人に尽くせると思うのです。

まあお金持ちはちょっと無理かもしれないけど、
美しい世界から必要とされて、何かに満たされて、
それを誰かのために使える、
そういう人生で終われたらいいな。


さて、相変わらずお金はないが時間はある、みたいな日々でして、
とりあえず、暗譜しなくちゃならない楽譜を抱えていられるのは
ありがたいことです。




vivo_in_ciel at 21:51|PermalinkComments(0)

2018年04月29日

同期!


ゆめりあホール終了

今回の企画は、メゾの中川裕子さんに声をかけていただき、
若い人たちのコンサートに混ぜてもらうことになったわけですが、
中心となってひっぱってくれたバスの小田桐くん、
そしてスペシャルゲストにして私のさくらんぼの二重唱の相方を務めてくれた
売れっ子テノール所谷くん、両名は育成部の同期であります。
所谷くんにいたっては大学も同期。
日本のオペラ界の最前線で活躍するお二人です。
たまたまとはいえ、ようやく同期と肩を並べて共演することができて、
それがとても嬉しかったです。
なんか17期でコンサートとかできたらいいなあ。


8aa7b83e.jpg


終演後はロビーに出てお客様をお見送りしたのですが、
自分のお客様はもちろん、
見ず知らずのお客様から直接お声をかけていただけるのは
幸せなことです。


ありがたいことに「涙が出た」と言ってくださる方もおられました。


自分の演奏がそのような形で響いたのなら大変光栄なことですが、
でも私だけがスバラシイのではなくて、
元々の曲が持つ力、共演してくれる方々の支え、
そして、涙したり喜んでくださるお客様ご自身の、
心の柔らかさによるものだと思っています。

私の演奏は、その背中をちょっと押すだけ。
涙スイッチを、ほんの少し押しただけです。

ありがとうございました。


んで。

出演者集合写真、
打ち上げビールが恋しすぎてとっとと着替えてしまった
年寄り三人衆だけ私服にて
決してケルビーノやったわけでも、実は受付だったわけでもありません。

9ab628b6.jpg


概ね成功といっていいかと思いますが、ベストとは言えません。
プッチーニは難しい。身体がついていかないというか。
そう簡単にモノにできるものではないですね。
またいつか、ステージで歌えますように。


さてと、連休はちょっと遊んで、
また譜読みと暗譜です。

がんばります。




vivo_in_ciel at 11:41|PermalinkComments(0)

2018年04月25日

あさっては・・・

ゆめりあホールにて蝶々さんとさくらんぼの二重唱です。
先週、ようやくリハーサルがありまして、
いよいよ明後日、本番となりました。

さくらんぼの二重唱というのは、
私くらいの歳のストイック独身おじさんフリッツと、
超年下のスーゼルが惹かれ合う、
初々しい、こがゆいデュエットです。
果たして同世代共演、
私は年端もゆかぬ娘感が出せるのでありましょうか。。。。


ガラコンサートというのは、
オペラの現場と違ってそう何度もリハーサルがあるわけでもないので、
なんだか急に目の前に本番が近づいてきていて、
ちょっとアワアワいたします。

これが終わると、しばらくはミュージカルだとか、
オペラの合唱だとか、中音域職人が中心になりそうなので、
ホールでアリア、がっつり歌いたいと思います。


427チラシ






vivo_in_ciel at 21:41|PermalinkComments(0)

2018年04月15日

コソコソと準備中。



春休み気分から抜けそびれておったのですけども、
ようやくまたヤル気スイッチを入れつつ。

_DSC1013

_DSC1007


そんなわけで直近は27日(金)のガラコンサートです。
コンサートというのは直前にちらっと合わせがあったりするだけで、
基本的には自分ひとりで準備をして、
モチベーションをあげていかなくてはならないので、
隙あらばサボりがちな私にはとてもキケンなわけですが、
ここのところコンディションがわりと安定しているので、
油断せず、お酒減らしつつ、のびのび歌えたらな、と思います。


蝶々さんのアリアと、さくらんぼの二重唱を歌います。
どちらも大好きな曲なので、大事に大事にお届けしたい。

蝶々さんは最近になってようやく、人前に出してもいいかな、と思えた曲。
さくらんぼの二重唱は、学生時代の最後に取り組んだ思い出の曲。
私にとって、とても嬉しいコンサートになること必至です。


平日のコンサートですが、私の出演は20時すぎになります。
お仕事帰りでもお立ち寄りいただけましたら幸いです。





427チラシ



vivo_in_ciel at 22:02|PermalinkComments(0)

2018年04月04日

ねこ景。


ちょっと国内旅行してきました。
西のほうを転々としてきたのですが、
瀬戸内の小さな島のネコなど。

いわゆる猫の島として有名なところではなく、
どちらかというと野良猫排除のスタンスだった地域のようですが、
昨今の猫写真ブームに乗ってか、
人馴れした野良猫がちらほらいる風景でした。
まあ、思わず撮っちゃうわけですけどね。

思わず撮っちゃうわけですけど、
野良にしてはふくよかで毛艶も良いように見える反面、
片足ひいていたり、よく見ると部分的に皮膚炎おこしているような猫もいて、
結局ニンゲンの都合よく利用されつつ、
彼らは彼らで、別に媚びることなく、
最低限の生き延びる餌にありつければいいのさ、と
看板猫を演じているのかなあ、と思ったり。


完全にプライベート旅行で、三泊四日、
時計も見ないで時間に縛られず、
ただ食べて飲んで移動の毎日、
何より一言も歌わない数日、
こんな生き方もいいかな、とも思ったのですが、
でも2~3時間の移動のお供に、
オペラのスコアを持って行くことを忘れなかった自分もいて、
なんだか答えは出ないけども、
こうして心も身体もお金も時間も自由でいられたらいいな、と
思う小旅行でした。


_DSC1027




_DSC0998

_DSC1003

_DSC1025




さて。


永遠のモラトリアムですが、
ちょっと病院回りなどしつつ、
暗譜という現実に戻されつつ、


4/27(金)@ゆめりあホールのチケットは
毎日持ち歩いています。
プチ充電してまいりましたワタクシの演奏など、
ご興味持っていただけましたら幸いです。


えい。再掲。

427チラシ



vivo_in_ciel at 23:28|PermalinkComments(0) D90 

2018年03月16日

もうひとがんばり。



スプリングコンサート終了。


初めてのユリホール。
各方面から演奏しやすいと聞いていたのですが、
うわさに違わず、気持ちのよいホールでした

さて、これでひと段落、少し遊んだり飲んだり、飲んだり、飲んだりして、
次はこちら。



427チラシ



また平日夜のガラコンサートですが、
昨日と違う選曲です。
ご検討いただけましたら幸いです。


本番に弱い典型的日本人なので、
どんなに練習しても、舞台に出る寸前にはやっぱり歌詞が出てこなくなるし、
それでも歌い始めちゃえばなんとかなったり、
一方で練習で一度も間違えたことがないところ間違えたりするし、
こんな思いをしないでステージに出られる日はくるのでありましょうか。
しかしホールで歌う経験はホールで歌うことでしか得られなくて、
失敗に強くなるためには、成功体験を増やしていくしかないし、
なんとかもう少し、こういう機会をいただいて、
場数を踏んでいきたいものです。


ご来場いただいたかた、ご声援いただいたかた、
みなさまありがとうございました。



afe5e561.jpg


vivo_in_ciel at 21:21|PermalinkComments(0)

2018年03月14日

明日はスプリングコンサート。

スプリングコンサート、明日です。

今回歌うオペラ『エルナーニ』のアリア、エルナーニっていうのは主人公の名前で、私が歌うのはその恋人エルヴィラのアリアなので『オペラエルナーニのエルヴィラの第1幕のアリア』というのが正しいわけなのですが、「何歌うの?」「エルナーニ」と言えば「あれね」と通じるアリアです。

このエルナーニというオペラ、ほかのヴェルディの有名な作品に比べると、そう上演回数は多くないのではないかと思います。エルヴィラは元貴族(現山賊)の恋人、国王、そして年老いた後見人それぞれから求愛されるという恋愛RPG的設定、女口説きに人の家に勝手に上がりこんでおきながら、いざ見つかると「実は国王なのだー」と身分を明かす少年ジャンプ的展開、恋人がほかの男と結婚するのに逆上して(これまた変装して忍び込む)乗り込んで来たのに、その恋敵にピンチを救われた挙句、なんか舞い上がって変な約束をして、最終的にそのせいで悲劇を迎える支離滅裂タイトルロール、などなど、ツッコミどころ満載な、これぞオペラ。ちなみに原作はあのヴィクトル・ユゴーであります。


で、
エルヴィラのアリアなんですが、



そんな中、




『ジジィマジウザキモい…早く助けろ』





と、
そこそこの技巧を駆使しつつ歌いあげております。
いや、もうちょっと詩的な言葉ですけどね、
内容はこんな感じかと。


このアリアに初めて関わったのは、学生時代、
友達のレッスンに伴奏者としてついていったのでした。
全然知らないし面白いとも思えない曲を一夜漬けで、
よく某田○K輔先生の前で弾いたなあと、
今思えば怖いもの知らずの恐ろしさですが、
先生もこんな臨時の伴奏者、相手にするはずもなく、
何か注意や指導された記憶もありません(笑)
あんなピアニスト連れてきちゃダメだよ、と友達は怒られたかもしれませんが…


てなわけで、まさか自分が歌うとは思わず、長年放置してたのですが、
去年いくつかヴェルディのアリアをさらう中、ふと思い出して選曲の中に入れてみたら、
思いの外収まりがよかったという。
R.Straussといい、最近そんなのばっかりだな。
そういう年頃になってきたのでしょう。


あとはボエームの4重唱ですが、
ムゼッタは楽しいのですが、自分の声はやはりどちらかというとミミだと思うので、今後度々演奏することはないかもしれません。せっかくの機会、楽しみたいと思います。


チケット、ギリギリまでお受けできます。
お一人増えるごとに、ご褒美のオトナの炭酸ブドウジュースが格上げされますので、明日の夜、お時間できましたら、足をお運びくださいませ。

よろしくお願いいたします。









vivo_in_ciel at 10:58|PermalinkComments(0)